シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

*・゜゚・*■ カゴメノシラセ ■*・゜゚・* 

*** What's New?? ***

20161119000214356.jpg
◆KagoVio.(カゴメトヴィオロン)独擅場シャンソンショーin2017,
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」開催決定!

2017/11/19 新栄CaballeroClub
charge:5500yen(free drink&food)
open/start:18:30/19:00
dress code:着物 or クラシカルなファッション(洋装男性ネクタイ推奨)
※要事前申し込み。エントリー開始は8月下旬予定。

*** KagoVio.show!!!***
◆YouTube内、カゴメトヴィオロンで検索。各種動画公開中◎
◆毎年11月、KIMONO×LIVE を掲げた独擅場シャンソンショー、
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」を主宰。

***前結び+着付け教室「Kagome.堂」***
◆2017.4月より開講。詳細は➡︎「カゴメ堂. とは?」
*お問い合わせ➡︎ メールフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kagome堂. レッスンメニュー追加のお知らせ。

20170621185806923.jpg
着付けレッスン Kagome堂.につきましてお知らせです。

20170621184620992.jpg
プレオープンの段階からお越しになられていた方々を含め、
一連のレッスンにひと段落がつく時期になって参りました。

20170621184802072.jpg
そろそろ皆様修了されます。
ワタクシも未だに、背筋が伸びる思いを繰り返します。

20170621185027193.jpg
現在、コースメニューの最後に登場するのはサムライ結びレッスン。
この後、総復習の回を設けまして、一連のレッスンは終了となります。

そこで、一区切りつくこの時期を皮切りに、
ビギナーさん向けレッスンの内容を見直しまして、

今までのビギナーさん向けレッスンは「経験者さん向けまるっとレッスン」とし、
新たに、「ビギナーさん向け着付けレッスン」を開設致します◎

新・ビギナーさん向けレッスンは、お着物を着る上での基本動作をじっくりレッスン。
「お着物を着られるように」ということに重点を置いたメニューとなります!

途中までは「経験者さん向け」と内容が重なる部分も御座いますが、
前半以降、経験者さん向けレッスンが「美しく着る」ことを目的とするのに対し、

ビギナーさん向けでは、「丁寧に着る」ことに重点を置きます。

毎レッスンごとに、一つの動作をしっかり確認しつつ進めて参りますので、
全くお着物に対して経験がない方でも、安心してご受講頂けると思います◎



★新設・ビギナーさん向け着付けコース(着物の着付け+半幅帯結び2種)
1.着物の準備と後片付け/肌着・長襦袢を着る
2.着物を着てみる①
3.着物を着てみる② /帯結びの準備
4.帯を結ぶ① 〜手開き文庫〜
5.帯を結ぶ② 〜ハーフ銀座〜
6.帯揚げ・帯締めの結び方
7.浴衣を着てみる
8.総復習/着物の格・帯の格について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全8回(1回90分)/¥32,000

以上のコースを修了され、更にご希望が御座いましたら、
「経験者さん向け」の内容をカバー出来る、フォローアップレッスンもご用意します。

新設・ビギナーさんコース修了者さま対象フォローアップレッスン
1.襟出し・おはしよりみっちりレッスン/着物の格のおはなし(プリント)
2.サムライ結び/帯の格のおはなし(プリント)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全2回/¥8,000

この二つが、新たに加わるメニューとなります。

フォローアップレッスンに関しましてはご希望があれば、というものですので、
こちらをご受講されなくても、ミドルさん向けの変わり結びレッスンはご受講頂けます◎

どうぞ宜しく、ご検討下さいませ(^∇^)



ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎


スポンサーサイト

なごやキモノめるかーと潜入。

20170621174712865.jpg
アンティーク夏帯の手触りをひたすらに心に刻もうとする危ない人。
どうも、カゴメです。

先日、年に二回のお楽しみ、なごやキモノめるかーと(夏の陣)に行って参りました◎
画像に写っているtentoさんの夏帯、ホントに素敵だった。

名古屋帯でなければ、、でも名古屋帯でなければこんなアンティークは存在しないな。
やっぱりもう少し名古屋帯に親しむべきなのか。南〜無〜(>人<;)

そんな人生へのサジェスチョンも与えてくれる、有難いめるかーと。
何を着て行こうか迷うのは、老若男女みな同じ!

20170621174747922.jpg
この日はすっかり夏模様。夏ならではと言えば浴衣。
そんなわけで、手元の浴衣の中での一張羅・苺の絞り浴衣を着て行きました◎

20170621174910817.jpg
帯はrumirockのサンダーパイソンを初おろし!

rumirockのパイソンシリーズは、他に兵児帯を所持していたので、
この子は諦めようかと思っていたのですが、

商品説明部分に「桐生織」の文字を発見したとあれば、
これは入手しておくべきだな、と。

満足行かない仕上がりであるハズがない。
そして届いた実物を拝見して、思わず合掌の儀。

半幅帯よりもしなやかで、兵児帯よりも張りのある質感。
織りなのに硬すぎず、とっても扱い易いニクい子です!

余談ですが、この帯を触った時に、
思わず「やってみたい!」と心に閃く帯結びがあり、

めるかーと当日、リハーサルなしで結んでみたわけなのですが、

やはり、詰め切れていないこともあり、
まだまだだな、、という「伸び代」を残した具合にはなりましたが、

ニュアンスは気に入っているので、
更に研鑽を積もうと心に誓った夏の始まりでありました。かしこ。

因みに、めるかーとの運営委員のお一人であられるてんさんも、
こちらサンダーパイソンの質感を気にされておりましたので、

締めて行った私の帯をサワサワして頂く「お触りの儀」も、
粛々と執り行われました。笑

20170621174948036.jpg
結果は合格!お写真もご一緒して頂きましたん♡

20170621175219395.jpg
僭越ながら、今年のジャポニカ・シャンソン倶楽部のチラシもお渡しさせて頂きました。
いつも助けて頂いております。本当に有難う御座います(>人<;)

20170621175154597.jpg
HappyBlessゆきぽんさんの接客模様を隠し撮り。
今気づいたのだけれど、大きな星の帯留めの在庫あったんだ!

上の棚を確認してなかった( ꒪⌓꒪)
てっきり売り切れだと思ってたーーー。。

20170621175436565.jpg
めるかーと運営委員のお一人・しのぶさんと、Dearエリカさん◎
美女にサンドイッチされるカゴメ。こんな幸せな具はいない!

この日は終日、スマホのカメラの調子が絶不調でして、
何かとアプリが落ちる災難続き。。

お陰でお写真を殆ど撮れず、
後々心優しい方々から画像を恵んで頂くという、

感謝の涙なしでは語れない結果に。

この日は関西方面からも、
仲良くさせて頂いているお洒落お着物女子な方々がおみえで、

絶対に沢山お写真を撮らせて頂こうと思っていたのに!
自宅玄関先にデジイチを置いてきてしまったのですよ!

償いきれんこの阿呆さ加減よ....orz

その上、お洒落着物女子の方々に逆に撮って頂き、シェアして頂いているとは。
(友香さん、本当に有難う御座います( ; ; )

反省しきりです。
おもてなしの心とはこれ如何に・・・

20170621175339330.jpg
次の機会は絶対にワタクシがカメラマン役を務めねば!
めるかーとで入手した素敵小物達に誓う。



ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎

いよいよでしょうか?

梅雨本番は・・・!

こちら東海地方、ひっそりと梅雨入り宣言がなされてからというもの、
その宣言を敢えて裏切るかのように、晴天が続いておりました。

しかもただの晴天ではないという。

・晴れてはいるものの、気温は案外低め。
・この時期にしては乾燥している。

これって梅雨なのか?

茹だるように暑くてムシムシして、堪らず窓を開けようとも、
室内も外も環境は同じ、、みたいなものが、ここ通年の梅雨の表情では?

なんて思っていたりもしておりましたが、
最近は「いよいよ感」が感じられるようになって参りましたね。。

洗濯物の乾きが悪い、
夜間ほんのりムシっとする、
スキニーを穿くのが辛い、

そして、

20170621163310370.jpg
お着物もいよいよ、夏物をちらりほらりと纏いたくなる陽気です。

着付けレッスンを開始してから、当たり前の話ですが、
以前にも増してグッとお着物を着る機会が増えました。

その分、レッスンの入っていない真っさらの休日には、
きっと前よりも、お着物を着ようという気持ちには駆られないだろう、

と思っておりました。が!
心配を他所に、全くもってそのようなことは起きず。

何一つ予定らしい予定を立てていなかった一日を迎えたにも関わらず、

20170621170917291.jpg
油淋鶏入りおにぎらずと、

20170621171002803.jpg
卵焼きを持参して、

画像左コーデで海を眺めに行ったりと、(色々と水に流したい諸々も御座いましたゆえ)
むしろしつこく、お着物生活を追い求めているといった具合です。

レッスン以外でお着物を着ることは、
例えば着崩れし易いポイントであるとか、それを手早く直すお手軽な手段であるとか、

学ぶべき&改善すべき点等の発見が著しく、
百聞は一見にしかず、ではないですが、

想像や又聞きでは絶対に得られない大切なデータを、
ここぞとばかり集められる機会でもありますので、

私自身にとっても、ひっじょーぅに有意義であります。

とか何とか理屈を味方に付けようと躍起になっておりますが、
根っこは「好き」ただそれだけなのですねホホホ(^人^)

好き、と言えば・・・

ワタクシ、自分でもそんなに意識していなかったのですが、
「帯揚げと帯締めレッスンの回が堪らなく好き♡」ということに最近気付きました。

20170621163349299.jpg
スーッと手刀を通し、パタリパタリと布を織り、
両端を始末して再度スッと手刀でひと撫で・・・(帯締めもほぼ右に同じ)

っっかーーー!堪らん!!

20170621163513200.jpg
Kagome堂では、半幅帯メインのレッスンと雖も、
帯揚げ・帯締めの結び方&始末のコツまで、みっちりお伝えしております。

私の帯締め/帯揚げへの愛が、本人が思っていた以上に強めだと判明した昨今、
(人はそれをマニアと呼ぶのだ)

ご受講者様との温度差問題に、以前よりも不安を憶えるカゴメですが、
どうかそこは、「まっ、一回くらい付き合ってやっか」位の気持ちで、

受け止めて頂けましたら幸いで御座います。ぅぅぅっ( T_T)\(^-^ )
それに実際、このレッスンは後々きっと、ご受講者様のお役に立ちますよ♡(←)



ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎



今年のお知らせ。

20170611140946722.jpg
今年も演ります。

ジャポニカ・シャンソン倶楽部〜第四幕〜!
早くも四年目です。

毎年定期的に主催するという行為に、確実な年月の流れと重みを感じる・・・!

20170611141119058.jpg
会場は今年も引き続き、老舗・CaballeroClubさんでお世話になります。
お料理も大変美味しいと、ご参加の皆様にも毎年、ご満足頂けております。

(お店の方々に感謝です。そして毎年、私自身は殆ど食べることが叶わずに終わるので、
今年こそはなんとかありつきたいな〜・・・誰か私の分の取り分け、頼まれて欲しい。)


20170611141340708.jpg
そしてせっせと曲作りに励んでおります昨今。

今更言い訳できる有様では御座いませんが、曲作りに入ると一層!
ブログ更新が疎かになるワタクシ。
(その分頑張って、インスタでカバーしている・・・つもりでいる。)

ただ、その理由が、単純に「時間がなーい」というようなこととは一味違い、
簡単に言うと、書きたい=表現したい、発信したい、という欲が減少することにあり。

つまり、曲作りにそういった表現のエネルギー全てを注ぐので、
それ以外に「文字で伝えるべく何か」が、

一時的に見付からなくなるなってしまうのですよね。

因みに、ライヴ中のMCが非常に苦手なのも同じ理由。

私の言いたいこと、私の内面?
それは全て曲に織り込まれているわけで、今更話すことなど何も・・・無い。

話したいこと、それ即ち曲なり。
となると、

MCの時間って、一体どうしたらい〜の〜〜〜 の〜の〜の〜

そんな疑問に苛まれ、
かと言ってその疑問と※容赦なくやってくるMCタイム を乗り切る妙案が、

そう易々と浮かぶわけもなく。
(※一時期、MCタイムを悉く削り取ってライヴをしていた時期があったのですが、
Vo.喋らんかい!とアンケートで怒られたことがあります。酷いよね。)

そんなわけで、未だにフリーで喋らねばならない事情がやって来ると、
ステージ上だろうが何だろうが、「うーゔゔゔぁあ"あ"あ"・・・」等と、

Mrs.サダコ or Mrs.カヤコ のような、空恐ろしい奇声を発する事態を、
回避出来ずにおります。(それはそれで面白いらしいですが。)

ということで何をお伝えするべきなのかさっぱりわけワカメ中のカゴメですが、
要は、11月のジャポニカ・シャンソン倶楽部をお楽しみに、ということなのです。

完.



20170611143205068.jpg
Kagome堂、レッスンコーデ。(右端は違います)

20170611143250873.jpg
やっぱり半幅帯が好き。
需要は少ないけれど、半幅帯中心の着付け教室を始めた喜びは大きい。

20170611141553287.jpg
半襟をたっぷり出したい!なんていう、応用リクエストにもお答えしてます。

20170611143334525.jpg
兵児帯レッスンのメニューは差し替え。私の目指す、大人カワイイ結びがデビュー。
「八の字プリーツ」。高さはあるけれど膨らみは控えめです。

もう直ぐレッスン開始致しますよ。お楽しみに。



20170611143428054.jpg
先日お伺いした、KIMONO RIOT in Nagoya. で予約していた半襟が到着◎

ツバキ庵・マミ先生プロデュースの新色です。
ショップタグも可愛い!

一言メッセージを添えて下さった、中原淳一さんのポストカードも超絶可愛い!

20170611153113862.jpg

インスタにも少し書きましたが、今の時期は父親の病気の症状が出やすく、
私にも母にとってもしんどいことの多い日々なのですが、

美しいもの、可愛いもの、心を和ませてくれる音色、フレーズ、
そういった数々の「絶対的な形を持たないもの」に救われています。

20170611154204639.jpg
CHAUSSONの「詩曲」。縦横無尽に走り抜けるメロディラインが美しい。
時に切なく、物悲しく、けれど軽快に、だけれど軽薄にならないように。

不安や焦燥感、そんなネガティヴな感情は、
そのままではなくて、何かお見苦しくない形で外に流していけるよう、

日々自分自身と折り合いつつ、生きて行きたいと思っています。
もっともっと、内面を練っていかなくては!



ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎





悲喜こもごも まるっとお届けします。

20170527104505909.jpg
DMが仕上がって来てます。

しかし、しかーーし、

同時に発注していたジャポニカ・シャンソン倶楽部の方の仕上がりが、
どうもイメージとかけ離れたことになってしまっておりまして、

地味なショックを受けております。
(地味なショック=後からジワジワ滲み出るタイプのショックの意)

余白が・・・バランスを保つために大切な余白が、
大いに削られてしまったのは何故なのか。

情報が全面に押し出されるようにと、お気を使わせてしまったのだろうか・・・

しかし何と言っても、
校正の段階で、どこで紙が切れるのかをきちんと念押しして聞かなかった私の責任ですから、

他の誰が悪いわけでもない。
悪いのは私・・・でも、ショックだなあ(u_u)ぅぅぅ

一応、今回上がってきたものは戒めとして手元にとどめることとし、
もう一度、理想のバランスで刷り直して頂くことになりました。

この場合、まだ時間に余裕のある段階&部数が少なかったことが救いです。

折角の刷り直しなので、デザインもほんの少し、いじってみたとかみないとか。
転んでもタダでは何とやら〜の精神です。

因みに画像の通り、同時にお願いしたKagome堂のDMの方は、
バッチリの仕上がりでした。

こちらは素直に嬉しい!

そうそう、
嬉しいことと言えば、

20170527110304719.jpg
行方不明になっていた、この漆黒の単衣がやっと出てきたのですよ。
お気に入りだったことに加え、慢性的な単衣不足であります故、本当に嬉しい♡

20170527110414334.jpg
RumiRockのパイソン兵児帯に、アッシュの混じったブルーの帯揚げ。

こういったメランコリックな色合いを纏うとホッとします。

パイソンを締めておいて、ホッとする・・・というのも、
至極・摩訶不思議な表現ですが、落ち着きます。

またこういった個性のある色味やモチーフは、色無地にこそ映えるのですよね。
これぞ、ムジノタノシミ◎

20170527110524995.jpg
襟元解説。ショッキングなピンクの半襟に、レースを被せてGothicに。
編み目から覗くさり気ないピンクの主張で、喪服にならないオールブラックを目指す!

20170527110613043.jpg
そして更にレースを挟み込む魅力としては、横の景色にあります。
そうなのですよ、襟からほんのり立ち上がるレースの耳が、とっても可愛いのです◎

普段から、

20170527132206388.jpg

20170527132257388.jpg

こんな感じで、年中を通し、好んでモノトーンと戯れることの多いワタクシですが、
お着物でのブラックスタイルは、まだまだ研究が浅いのですよね。

20170527110646705.jpg
こんな帯留も入手したことだし、

ミステリアスなブラックコーデを編み出せるよう、
日々、研鑽を重ねて行きたい次第!



20170527110816360.jpg

昨日は、音楽活動の面でひっじょーぅにお世話になった、
スチールギター弾きのすぎのさんのライヴにお邪魔しました。

なんとオランダ土産付き!
マジパンのお菓子〜♡

すぎのさんには、ジャポシャン倶楽部のPAの件でもお世話になっておりまして、
今年もまたお願い致します〜とご挨拶兼ねてチラシを持参するつもりでしたが、

前半ぶちぶちぼやきました理由により、バシっとした形のチラシが間に合わず、
結果的に失敗作のチラシをお持ちするハメになりましたが、

一般には出回らないレアアイテム、というニュアンスでお渡しして来ました。
(ほんの一言でモノの価値は変動します)

そしてついでにKagome堂のチラシもお渡ししたら、
何故か会場のブルース・バー(あんかけスパ美味しい)にチラシを置かせて貰ったらいいよ、

という話になり、

お酒の匂いとタバコのかほりに包まれた大人のバーに、
何故か私の着付け教室のチラシが陳列されるという、

非常に謎な状況が生まれています。
さてはて、着付けの希望者は出るというのか?

目下、市場調査中です。



ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。