シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーツの分からないこと。

20170907135419821.jpg
コインランドリーが好きな件。

何故なのだろう?
身近にそんな妙な発言をしている人はいないし、

これは誰からのルーツでもないぞ。
ですが、私はコインランドリーが堪らなく好きなのです。

お洗濯中の待ち時間、皆様はよく、
お買い物に出たり、コーヒーしてみたり、近所であれば一時帰宅してみたり・・・

その時間を、
何か別の有意義な事柄に変換していらっしゃるのをお見受け致しますが、

私は、ただ、店内で待ちます。
いや、むしろ、待って「いたい」(懇願)のである。

そしてその間何をしているのかと?
カゴメさんのことだからどうせ読書でしょ。

なんて読みは、甘い!

何を隠そうその待ち時間、
私はただ、ただ只管に・・・

「マシンを見つめているのです。」(拍手)

え?ええ、見つめているのです。

洗濯物を入れて、ガチャンと鍵かけてコインを入れてコース選択、
柔軟剤の有無を選んでスタートボタン、ポチり。

回転します泡立ちます・・・・以下、私の心は、

ひゃっっはーーーー!

となるのです。
何故こんなにも楽しい!!

おかしい人だ。。

正直、洗濯の用事がなくても、
大型乾燥機を眺めたり、使い方をじっくり読み込むだけでも楽しいですもの。

布団数枚をその機械にかけたらどんな感じなのだろう?とか、
それらがくるくると回転する様を妄想してみたりだとか、

コインランドリーは私にとり、一種のテーマパーク化した場所です。
ホント、どのご先祖様の影響なのか・・・!笑



20170907135520864.jpg
デジタルパーマに頼っていたヘアスタイルを、一転して縮毛矯正に。
華麗なる転身を目指しました。

縮毛矯正及びスーパーストレートを施すとは実に10年振り位かも。
当時は、レングスが腰まで達するほどのスーパーロングでしたよ、懐かしい。

しかし、矯正をお願いした際はは大体、
美容院に滞在する時間が3時間程度と、長時間のメニューになるのですが、

この日は仕事の関係で起床時間が非常に早かったため、
兎に角眠い眠いの外出先で感じるには危機的な眠さ(-_-)zzz

あと30分施術長引いていたなら、
シャンプー台で素泊まりしていたのではないかと思います。

ホントにもう、だから夜更かしは駄目なのだ。



《2017ジャポニカ・シャンソン倶楽部・ご予約受付中》
・お申し込みフォームはコチラ→
・ジャポニカ・シャンソン倶楽部とは?→「ジャポニカ・シャンソン倶楽部について」

ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎

@kagome_da_monne


にほんブログ村 ファッションブログ モダン着物・着物コーディネートへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

悲喜こもごも まるっとお届けします。

20170527104505909.jpg
DMが仕上がって来てます。

しかし、しかーーし、

同時に発注していたジャポニカ・シャンソン倶楽部の方の仕上がりが、
どうもイメージとかけ離れたことになってしまっておりまして、

地味なショックを受けております。
(地味なショック=後からジワジワ滲み出るタイプのショックの意)

余白が・・・バランスを保つために大切な余白が、
大いに削られてしまったのは何故なのか。

情報が全面に押し出されるようにと、お気を使わせてしまったのだろうか・・・

しかし何と言っても、
校正の段階で、どこで紙が切れるのかをきちんと念押しして聞かなかった私の責任ですから、

他の誰が悪いわけでもない。
悪いのは私・・・でも、ショックだなあ(u_u)ぅぅぅ

一応、今回上がってきたものは戒めとして手元にとどめることとし、
もう一度、理想のバランスで刷り直して頂くことになりました。

この場合、まだ時間に余裕のある段階&部数が少なかったことが救いです。

折角の刷り直しなので、デザインもほんの少し、いじってみたとかみないとか。
転んでもタダでは何とやら〜の精神です。

因みに画像の通り、同時にお願いしたKagome堂のDMの方は、
バッチリの仕上がりでした。

こちらは素直に嬉しい!

そうそう、
嬉しいことと言えば、

20170527110304719.jpg
行方不明になっていた、この漆黒の単衣がやっと出てきたのですよ。
お気に入りだったことに加え、慢性的な単衣不足であります故、本当に嬉しい♡

20170527110414334.jpg
RumiRockのパイソン兵児帯に、アッシュの混じったブルーの帯揚げ。

こういったメランコリックな色合いを纏うとホッとします。

パイソンを締めておいて、ホッとする・・・というのも、
至極・摩訶不思議な表現ですが、落ち着きます。

またこういった個性のある色味やモチーフは、色無地にこそ映えるのですよね。
これぞ、ムジノタノシミ◎

20170527110524995.jpg
襟元解説。ショッキングなピンクの半襟に、レースを被せてGothicに。
編み目から覗くさり気ないピンクの主張で、喪服にならないオールブラックを目指す!

20170527110613043.jpg
そして更にレースを挟み込む魅力としては、横の景色にあります。
そうなのですよ、襟からほんのり立ち上がるレースの耳が、とっても可愛いのです◎

普段から、

20170527132206388.jpg

20170527132257388.jpg

こんな感じで、年中を通し、好んでモノトーンと戯れることの多いワタクシですが、
お着物でのブラックスタイルは、まだまだ研究が浅いのですよね。

20170527110646705.jpg
こんな帯留も入手したことだし、

ミステリアスなブラックコーデを編み出せるよう、
日々、研鑽を重ねて行きたい次第!



20170527110816360.jpg

昨日は、音楽活動の面でひっじょーぅにお世話になった、
スチールギター弾きのすぎのさんのライヴにお邪魔しました。

なんとオランダ土産付き!
マジパンのお菓子〜♡

すぎのさんには、ジャポシャン倶楽部のPAの件でもお世話になっておりまして、
今年もまたお願い致します〜とご挨拶兼ねてチラシを持参するつもりでしたが、

前半ぶちぶちぼやきました理由により、バシっとした形のチラシが間に合わず、
結果的に失敗作のチラシをお持ちするハメになりましたが、

一般には出回らないレアアイテム、というニュアンスでお渡しして来ました。
(ほんの一言でモノの価値は変動します)

そしてついでにKagome堂のチラシもお渡ししたら、
何故か会場のブルース・バー(あんかけスパ美味しい)にチラシを置かせて貰ったらいいよ、

という話になり、

お酒の匂いとタバコのかほりに包まれた大人のバーに、
何故か私の着付け教室のチラシが陳列されるという、

非常に謎な状況が生まれています。
さてはて、着付けの希望者は出るというのか?

目下、市場調査中です。



ひっそりこっそりKagome堂. ➡︎ 「Kagome堂.とは??」
詳しいレッスンメニューはこちら ➡︎ Kagome堂レッスンメニュー
お問い合わせ&お申し込みは ➡︎


二月、滑り込むことの近況。

20170228142059428.jpg
ラヴジャケ着てあんみつを喰らふ、或る日の日常。



さて、最近のハナシ。

20170228142236171.jpg
こんなとか、

20170228143525302.jpg
こんなであるとか、

20170228142340306.jpg
果ては謎のボタン集団まで。

手持ちのインテリア始め、洋服から着物に至るまで、
何や彼やと「ぷち」リメイクすることに執心中。

.20170228142412215.jpg
因みに、ボタンの集合体の行く末はココ。

シンプルで潔い。けれどそのシンプルさのあまり、
私には少し難易度が高くなってしまったスーツ生地着物に、色味を足す作戦。

(通称:ガチャ作戦)

20170228142701998.jpg
全貌。赤いオーバーサイズニットで、休日のパパン感が充満中。

しかし当初は、メンズライクに

「スーツ三つ揃いコーデ」

をテーマに掲げていたわけで、
そこに「休日のパパン」ということなれば、

何故に休日に三つ揃いを?

という問いが自ずと生まれて来るわけで、
全く!背筋を伸ばしたいんだか肩の力を抜きたいんだか?

どっちつかずなコーデと相成りましたとさ。
めでたくないめでたくない。

・・・ 。

まあでも、
パパンだろうが三つ揃い云々だろうが「マニッシュ」要素は取り残される状況。

20170228142915353.jpg
そんなこんなで、後ろ姿もメンズライクに統一。
男性が角帯でよくやっている結び方ですね。凛々しくて好きです。


ド年末になってしまった。③

やっとブログの内容が現実に追いついて来た。

20161231143315575.jpg
目眩く年明けまでの時間の中で、
一歩も二歩も出遅れた自分へのクリスマスプレゼントが届く。不思議ではない!

カロリナグレイサーの袖Bomb!トップス◎
全体にオーガンジーが被さっていて可愛いのです。

これで綺麗サッパリ、貯めていたポイントが無くなりましたよ。
申年(去る年)だから丁度良い!なんて言ってみる。

20161231143409279.jpg
おせち作りも着々ちゃくちゃく・・・
キッチンは寒いので、手の色がホラーです。

20161231143511978.jpg
ローストビーフじうじう。
余分な脂は取る!ひたすら撤去!

20161231143639308.jpg
巻き巻き・・

20161231143728264.jpg
伊達巻きタワー・施工完了◎

20161231143750306.jpg
栗きんとん、格納完了(・◇・)/

20161231143835783.jpg
ボディ子も着替えをさせて、新年を待ちます。

と、些か荒っぽい更新となりましたが、
年末までのご報告をばさせて頂きました。

本年はいつになく、サササっと時間が流れ、また零れ落ちて行ってしまったような・・・
そんな一年でしたが、

貴重なお時間を裂きつつ、私にお付き合い下さいました皆様、
本当に有難う御座いました。。

悲しいかな至らぬ点が多いことは、来年もさほど改善されぬ見通しですが、
どうぞ心穏やかに、ゆるゆるとご縁を繋いで頂けましたら幸いです。

来年も、この「シャペロンルージュのいろは飴」と、
KagovVio.及びカゴメを変わらずご贔屓頂けますよう、

何卒なにとぞ〜宜しくお願い申し上げま〜す〜る〜m(_ _)m

そしてinstagramの方では、相変わらずの世迷い事を、
ぷつぷつと千切っては投げる可能性が高いので、

ご興味がおありの方は、kagome_da_monne もチェックしてやって下さいませ。
良いお年をお迎え下さい!




骨の髄まで。

20161208133224795.jpg
先ずは足元からコンニチハ。
白系タイツにエナメルの靴、小さい頃から大好きな組み合わせ。

またもや「ちょこっと振り」(注.2週間以上1ヶ月未満を指すカゴメ用語。)の更新で御座いますが、
今回は並々ならぬれっきとした理由を所持しておりまして、

短期集中で、着付けの修行に出ておりましたん。

一番の目的は如何にも、「理想のおはしより求めて」でありますよ。
前から見ても後ろから見ても美しいおはしより・・・

それはワタクシにとり、永遠の憧れでもありテーマでもあるのです!

そしてそこを突き詰めぬ限り、来年を目標にしている着付け教室の解禁も叶うまい・・・
と言うことで、武者修行に出ておりました次第であります。

20161208133112692.jpg
そして目出度く帰還致しましたお祝いに、ふふん♪とおめかし。
調子に乗ってベレー帽も乗っけてみる。

因みに私がベレーに手を伸ばす機会は、年に一回あるかないかという希少な頻度です。

何を隠そう、私は顔が四角めなので、
ベレーを冠らない、と言うよりは、使いこなせないのが現実なのですが、

硬めで形がしっかりしていて、尚且つヘアピースのように小さめサイズのこの子は、
アクセサリー感覚で使用出来るので、大変重宝しています。

20161208133600845.jpg
といふわけで、なかなか親友のような間柄にはなれないベレーちゃんとの関係ですが、
そんな「慣れないモノ」繋がりで、普段はほぼ付けないゴールド系のアクセサリーを選択。

専らシルバーを多用する日々を送っているワタクシなので、とっても新鮮な感覚。。
緊張もするわー。

しかし発見もひとつ。

典型的なゴールドカラーはやっぱり肌馴染みが悪いのだけれども、
白っぽいゴールドの場合は、そこまでの違和感は醸し出されないみたい。ちょっと嬉しいな。

と、このやうな出で立ちで、

20161208133904275.jpg
たーっぷり生クリームを補給して参りましたよ!ええもう骨の髄まで。
くぅ、堪らないな!!ぼっちで食べ放題、そんなに怖くない。

楽しかったな〜。
これを書いている側からまた行きたくなってきた・・・。重症だ。生クリーム依存症だ。



20161208134111448.jpg
今年も残すところあと僅か。
年内も隙を見澄ましては、積極的に着物を着ていたい今日この頃!

20161208134245270.jpg
スーツのようなイメージのハンサムなウール着物に、
カジュアル過ぎず、けれども程よいザラつき感のあるはにぃ屋さんの綿帯。一本勝ち!

20161208134806486.jpg
面よりもシャープな「辺」を意識した帯結びが、
着物にも、帯自身のイメージにも合う気がしています。

そしてこの後ろ姿のおはしよりは、なかなか私の理想に近い仕上がりで満足です。
修行の成果かはたまた・・・??






管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。