シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

二月、滑り込むことの近況。

20170228142059428.jpg
ラヴジャケ着てあんみつを喰らふ、或る日の日常。



さて、最近のハナシ。

20170228142236171.jpg
こんなとか、

20170228143525302.jpg
こんなであるとか、

20170228142340306.jpg
果ては謎のボタン集団まで。

手持ちのインテリア始め、洋服から着物に至るまで、
何や彼やと「ぷち」リメイクすることに執心中。

.20170228142412215.jpg
因みに、ボタンの集合体の行く末はココ。

シンプルで潔い。けれどそのシンプルさのあまり、
私には少し難易度が高くなってしまったスーツ生地着物に、色味を足す作戦。

(通称:ガチャ作戦)

20170228142701998.jpg
全貌。赤いオーバーサイズニットで、休日のパパン感が充満中。

しかし当初は、メンズライクに

「スーツ三つ揃いコーデ」

をテーマに掲げていたわけで、
そこに「休日のパパン」ということなれば、

何故に休日に三つ揃いを?

という問いが自ずと生まれて来るわけで、
全く!背筋を伸ばしたいんだか肩の力を抜きたいんだか?

どっちつかずなコーデと相成りましたとさ。
めでたくないめでたくない。

・・・ 。

まあでも、
パパンだろうが三つ揃い云々だろうが「マニッシュ」要素は取り残される状況。

20170228142915353.jpg
そんなこんなで、後ろ姿もメンズライクに統一。
男性が角帯でよくやっている結び方ですね。凛々しくて好きです。


ド年末になってしまった。③

やっとブログの内容が現実に追いついて来た。

20161231143315575.jpg
目眩く年明けまでの時間の中で、
一歩も二歩も出遅れた自分へのクリスマスプレゼントが届く。不思議ではない!

カロリナグレイサーの袖Bomb!トップス◎
全体にオーガンジーが被さっていて可愛いのです。

これで綺麗サッパリ、貯めていたポイントが無くなりましたよ。
申年(去る年)だから丁度良い!なんて言ってみる。

20161231143409279.jpg
おせち作りも着々ちゃくちゃく・・・
キッチンは寒いので、手の色がホラーです。

20161231143511978.jpg
ローストビーフじうじう。
余分な脂は取る!ひたすら撤去!

20161231143639308.jpg
巻き巻き・・

20161231143728264.jpg
伊達巻きタワー・施工完了◎

20161231143750306.jpg
栗きんとん、格納完了(・◇・)/

20161231143835783.jpg
ボディ子も着替えをさせて、新年を待ちます。

と、些か荒っぽい更新となりましたが、
年末までのご報告をばさせて頂きました。

本年はいつになく、サササっと時間が流れ、また零れ落ちて行ってしまったような・・・
そんな一年でしたが、

貴重なお時間を裂きつつ、私にお付き合い下さいました皆様、
本当に有難う御座いました。。

悲しいかな至らぬ点が多いことは、来年もさほど改善されぬ見通しですが、
どうぞ心穏やかに、ゆるゆるとご縁を繋いで頂けましたら幸いです。

来年も、この「シャペロンルージュのいろは飴」と、
KagovVio.及びカゴメを変わらずご贔屓頂けますよう、

何卒なにとぞ〜宜しくお願い申し上げま〜す〜る〜m(_ _)m

そしてinstagramの方では、相変わらずの世迷い事を、
ぷつぷつと千切っては投げる可能性が高いので、

ご興味がおありの方は、kagome_da_monne もチェックしてやって下さいませ。
良いお年をお迎え下さい!




骨の髄まで。

20161208133224795.jpg
先ずは足元からコンニチハ。
白系タイツにエナメルの靴、小さい頃から大好きな組み合わせ。

またもや「ちょこっと振り」(注.2週間以上1ヶ月未満を指すカゴメ用語。)の更新で御座いますが、
今回は並々ならぬれっきとした理由を所持しておりまして、

短期集中で、着付けの修行に出ておりましたん。

一番の目的は如何にも、「理想のおはしより求めて」でありますよ。
前から見ても後ろから見ても美しいおはしより・・・

それはワタクシにとり、永遠の憧れでもありテーマでもあるのです!

そしてそこを突き詰めぬ限り、来年を目標にしている着付け教室の解禁も叶うまい・・・
と言うことで、武者修行に出ておりました次第であります。

20161208133112692.jpg
そして目出度く帰還致しましたお祝いに、ふふん♪とおめかし。
調子に乗ってベレー帽も乗っけてみる。

因みに私がベレーに手を伸ばす機会は、年に一回あるかないかという希少な頻度です。

何を隠そう、私は顔が四角めなので、
ベレーを冠らない、と言うよりは、使いこなせないのが現実なのですが、

硬めで形がしっかりしていて、尚且つヘアピースのように小さめサイズのこの子は、
アクセサリー感覚で使用出来るので、大変重宝しています。

20161208133600845.jpg
といふわけで、なかなか親友のような間柄にはなれないベレーちゃんとの関係ですが、
そんな「慣れないモノ」繋がりで、普段はほぼ付けないゴールド系のアクセサリーを選択。

専らシルバーを多用する日々を送っているワタクシなので、とっても新鮮な感覚。。
緊張もするわー。

しかし発見もひとつ。

典型的なゴールドカラーはやっぱり肌馴染みが悪いのだけれども、
白っぽいゴールドの場合は、そこまでの違和感は醸し出されないみたい。ちょっと嬉しいな。

と、このやうな出で立ちで、

20161208133904275.jpg
たーっぷり生クリームを補給して参りましたよ!ええもう骨の髄まで。
くぅ、堪らないな!!ぼっちで食べ放題、そんなに怖くない。

楽しかったな〜。
これを書いている側からまた行きたくなってきた・・・。重症だ。生クリーム依存症だ。



20161208134111448.jpg
今年も残すところあと僅か。
年内も隙を見澄ましては、積極的に着物を着ていたい今日この頃!

20161208134245270.jpg
スーツのようなイメージのハンサムなウール着物に、
カジュアル過ぎず、けれども程よいザラつき感のあるはにぃ屋さんの綿帯。一本勝ち!

20161208134806486.jpg
面よりもシャープな「辺」を意識した帯結びが、
着物にも、帯自身のイメージにも合う気がしています。

そしてこの後ろ姿のおはしよりは、なかなか私の理想に近い仕上がりで満足です。
修行の成果かはたまた・・・??





気づけば いつだって 青×黒。

20160905104153817.jpg
9月に入ったとはいえ、蒸し暑い日々が続いております。
アイスクリームの美味しさは相変わらずです。(因みにこれはトウモロコシのアイス)

そしてこの時期になると、

9月+蒸し暑い=台風の恐怖

これが一番の心配の種なわけですが、
幸い名古屋は、何とかその牙をかわしております。

が、東北、北海道方面そして、
九州地方では、大きな被害も出ているということで、

どうか、これ以上日本列島を苛めるのは止めて欲しいと、
心から願うばかりです・・・(。-_-。)



20160905103506361.jpg
ちょっと前に、超個人的!浴衣終了宣言をしてからはや幾日が過ぎ、
緩やかに「キモノな着こなし」へとシフトチェンジを試みている今日この頃。

重宗玉緒さんのチェス柄を皮切りに、秋の単衣生活初めで御座います。

20160905103736808.jpg
ろっこやさんの夏の催事で見つけた、モノトーンなレオパード半幅帯。
やっとおろしました♪

このツヤ感と、程よくテロっとした手触りと柔らかな外見がたまらない!

和装の世界の中で、特に帯の白に関してはどうしても、
「礼装」扱いとされることが多く、

よってよって〜、

普段に気軽に締められて、それでいてそれなりにゴー☆ジャス!
なんていう「都合の良い」帯にはなかなか出逢えないのが現実。

そんな中で、この帯は正に「ちょうど良い」!

20160905103759822.jpg
何しても可愛い♡

そう言えば最近、

20160905103820587.jpg
洋服の時と着物の時とで、色合わせにあまり差が無くなって来てしまっている・・・。
これは由々しきことなのかどうか、只今絶賛検証中。

気づけば基本、青×黒(所により白)に落ち着いている。

とはいえ、青黒く落ち着く傾向にあるのは何も私に限ったことではなく、
もっと昔から、日本には「その傾向」を極めた大先輩がいらっしゃることにお気づきか。

それではご紹介します。

せー

のー、

20160905103843386.jpg
ドラえもんです。

そうです。藤子・F・不二雄展に行って参りました。

藤子F不二雄さんと言えば、他にも沢山の漫画を描いておられますが、
圧倒的知名度のある作品と言えばやっぱりドラえもんなわけで、

藤子F不二雄展と銘打っているとは言え、
きっと会場はドラえもんだらけに違いない!と踏んではおりましたが、

果たして、そうでした。
因みに展示館内よりも、フリースペースの方がドラえもんまみれ!

私の好きなオバケのQ太郎は何処に?と若干の危機感もありましたが、
館内展示の貴重な手描きの原稿の中で生き生きと動いていて、

嬉しかった〜( T_T)\(^-^ )
でも、グッズは一個も売っていなかったよ・・・どこの世界も序列は厳しい。

それでも生きて行かなければ、と、
展示本来に込められた以外のメッセージを、(しかもグッズコーナーにて)

しかと受け止めたカゴメ氏でありました。

20160905104318848.jpg
さて、ご飯でも作ろう。

20160905104339980.jpg
バジルって、どんなに頑張ってみても直ぐに冷蔵庫の中でとろけてしまう。
なのでソースにしてビーフンとズッキーニを炒めてみた一品。

海老と頂きもののゴーヤーはフリッターにして乗っけて完成。
屋台メシっぽいね。

20160905104430652.jpg
付け合わせは手作り鷄ハム〜ー
栗原はるみさんレシピ。楽しくって美味過ぎる!



20160706120800219.jpg
お申し込み受付中。

詳細は↓
①「ジャポニカ・シャンソン倶楽部について」
②「お申し込みについて」



経過報告そして、デジイチ。

20160827111243443.jpg
ジャポニカ・シャンソン倶楽部のお申し込み受付開始より一週間が経過。
素敵なペースで着々とご参加希望のメールが届き、感謝・感激で御座います。

これまでにお申し込み頂きました皆様には、
「お申し込み確認メール」及び「ご予約完了メール」の送信が完了しております。

もしもお申し込み頂いたにも関わらず、
こちらからのメールが届いていない!というようなことが御座いましたら、

今一度御連絡頂けますよう、宜しくお願い致します(>人<;)

そしてまた、引き続きご参加のお申し込みもお受けしております。
どうぞご検討下さいませm(_ _)m

詳細は↓
①「ジャポニカ・シャンソン倶楽部について」
②「お申し込みについて」



最近、やっと念願のデジイチ(デジタル一眼)を入手しました★

20160827111214419.jpg
色々と悩みに悩んで、ミラーレスに決定。

初めは、何が何でも一眼レフ!と思っていたのですが、
やっぱり持ち運びがね・・・。

特にライヴを演る側にある日は、少しでも荷物と重量を減らしたいわけで、
そうなると、コンパクトなミラーレスが重宝しますよね。

NIKON→PENTAX→Canon→OLYMPUS→FUJIFILM→やっぱりPENTAX?
→いんやFUJIFILMだがね!

というわけでFUJIFILMに決定です。
画質が一番気に入ったのと、

20160827124029840.jpg
(なんちゃって)バリアングルが大きい。

セルフィー用なので、本当はレンズ側にクルっと回して使うのですが、
私は腕を伸ばして上から撮ったりする時の確認用モニターとして使います。

これ便利なのよー!

で、慣れるために色々撮ってみる。

20160827111319680.jpg
宝物のシンガーミシンテーブル「の影」。

と、ちょっと待ていと。

私がデジタル一眼を欲しいと思った一番の理由は、
「動く被写体の瞬間をバシッと捕らえるのが夢」だったからなので、

その修行を何とかせねば。

と言いつつも、存外、
「高速で動き続けてくれる被写体」というものは普段は存在しないことに気付く。

ぼーん、

ぼーん。

そんなわけで手っ取り早く、メトロノームで練習することに。
(ネジを巻けばいつまでも動き続けてくれる心強い味方。)

シャッタースピードとF値は手動&ピントもマニュアルで。
シャッタースピードを上げるとどうしても暗くなりがちなので、ISO値をいじいじ。

せ〜の、

20160827120454593.jpg
ワン、

20160827120529838.jpg
ツー、

20160827120608506.jpg
スリー。

地味・・・だけど楽しいなんだこれw

こんなことを薄暗い部屋で夜な夜な繰り返しておれば、
家族がギョッとするのも無理はないわ。

20160827120626059.jpg
生育中のブロッコリースプラウトを寄りで。

20160827120646297.jpg
発育の悪いトウガラシの集団。

20160827111514881.jpg
自撮りはどうしても手軽な携帯カメラに頼ってしまう。
でも、やっぱり画像のツヤ感が全然違うな。

こうなると、パンケーキレンズが欲しくなっちゃう。
ああ、いかんいかん。



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR