シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

馬鹿されずして なんとせう。

IMG_5048.jpg

ジェーンの冬、今期も本モチーフは来るのかしらん?
いかんせん、もういちど本型バッグを再販してほすい。

(その当時には興味も湧かなかったものが、
1年程経過してから無性に欲しくなる、ということが度々起こり得る。

人の心とは、かくもこうして不完全なもの・・・。)



ちょっと前の記事で、森見登美彦氏の本を何冊か買い足したと書いたのですが、
そのうちの一冊、「きつねのはなし」。

これがまあとても素敵で、
ワタクシ、久々に良い鳥肌を立ててしまいましたの。

この人の作品は、おおかた古都が舞台になっていて、
そこもまた好きなのですが、

この作品は、その古都が舞台であることがまた凄く生きてる!!

はっきりと一言でいうとこの本は怖い。
背筋をすうっ・・・と撫でられるような怖さ。

圧倒的な恐怖ではなく、
じりじりとにじり寄って来るような、誰でも一歩間違えればそのぬかるみに足を取られたであろう・・・

と、いふような。

裏表紙にも書いてあったけれど、当に「漆黒」デスよ!
ずーん。

「夜は短し~」とか「四畳半神話体系」のような、
縦横無尽の破天荒さを振りかざす登場人物達が大量に・・・

ええそれはもう大量に出て来る作品とは、
もう、一味もふた味もまた違って、

良いなあ・・・
黒くていいなあ。もぐもぐ。

これは相当なお気に入りになりそうです。
まだ最後まで読んでいないのですが、きっと何回も読み返すことになると思う。

これを読み終えたらば、
いよいよ(?)「美女と竹林」なぞに手を伸ばしてみようかと思っておりまする。

ああ、どんなめくるめく古都の世界が、
どんな不思議世界が広がっているのでせうか。

余談ですが、「太陽の塔」「四畳半神話体系」「夜は短し~」の3つは、
作品を通して大体世界が繋がっているというか、もしくは平行世界だと思うのですが、

それらの登場人物をひっくるめたなら、
私はやっぱり明石さんが好きです。



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR