シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

すわりもの。

IMG_0464.jpg

前略.

椅子のはなし。

私の空間にある椅子には耳がある。
の・だ・が、

最近、この座椅子をそろそろ変えようかどうかで悩んでいる。
可愛いのですっごく気に入ってるのですけどね。

私はどうも、よっぽどの実務的なことを行う以外は、
曲作りも含めてデスクではなく、

この子に座りながら色々な作業をすることが多いのですが、
最近いつにも増して、この座椅子での作業時間が増えておりまして、

そうなってみて気付いたことは、
どうやらこの子は、長時間の座位にはやや向いていないっぽいといふこと。

そこで今、大変悩んでいるのです。

やはり威風堂々と?デスクで作業すべきか、
はたまたこの座椅子さまを母上に献上し、新たな椅子を求めて旅に出るのか、

野山に分け入るのか、

砂漠を放浪するのか、

ひいては自らを、
椅子なぞに頼らずとも良い、まだ誰も知らぬ新たな領域へと導くのか・・・!

うーむ。

ひとまず、色々な機能性などを度外視して(現時点で最も度外視してはいけない部分ですが)
私自身の希望をいうと、

理想はロッキングチェアー!

アンティークのアーコール社のものが理想。
あの絶妙な曲線で形作られた、木の温もり溢れるデザインは、永遠の憧れです。

中でも私が好きなのは、背もたれの高いクエーカータイプ。
うーん、想像するだけで気持ちが昂る(笑)

でもどうでせう。
「機能性度外視」ということで今、アーコール社のロッキングチェアーを挙げたけれども、

あながち却下でもないかも・・・。

さっき書いたみたく、
背もたれの高いクエーカータイプならば首も痛くならないし、

更にロッキングタイプともなれば、
ゆらゆらしながら適度に体重移動(?)も出来るから、体も楽そう。

うむむ・・・
ロッキングチェアーのことは漠然と、“永遠の憧れ”として、
頭の片隅にはあったのですが、

今このブログを書き付けつつ思ひました。

「アリ」かも・・・?

ちょっと本気出して捜索してみます。
理想のロッキングチェアー(アーコール・クエーカータイプ)を求めて。

いやはや、
旅の方向性が見えて良かった。

しかし、前回のミシンテーブルと同様、
これだ!という子に出会うまでには、

5年は掛かりそう・・・orz

かしこ.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/127-5015ce76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR