シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

ひび徒然から色々なイライラに関して。

IMG_0581.jpg

母上が適当に植えたナスが、思いの他成長著しく、
沢山なってくれたのでナス料理をば。

お肉と一緒に味噌うどんにしてみましたよん。
ナスはやっぱり油で炒めて、甘味噌と合わせるのがイチオシ。

揚げナスも美味しいけれど、ナスはかなり油を吸ってくれちゃうので、
炒める方が、体にもお腹的にも丁度良い気がスル今日このごろ。



最近イライラしたこと2連発いきます。

その壱.
“黒酢通販の勧誘の電話。”

まあよくあることだと思ひますけれど、
これには理由が御座いましてね。

通販するかどうか聞かれるまでは良いのですよ。
で、私は丁重にお断りしたわけです。

そしたらば先方が、
「いやでもね、最近、腰とか膝とか痛まれることも多いでしょう?」

ですって!!(しかも諭すように、噛んで含めるように言われた。)
プンプン!まだまだそんな歳じゃないデスのよ!

で、ちょっと腹が立ったので、
(そもそも要らないって言ってるのに、強く食い下がられたことも要因の一つ。)

「あの、ワタクシまだ20代ですので。」

と反論したらば、
先方、いたく狼狽されまして、ワタワタしながらプツッと電話を切られました。

年齢って、ある程度は声で分からないのかなあ?
疲れてたから?腰とか膝とか痛んでそうな声してたのかしらん。

いかんせん、ちょっぷりプンプン。

その弐.
“スタジオ(Bスタ)のマイクスタンドが3本中3本ともイカれていらっしゃる。”

これは本当に困るのデスよ!
直して欲しいけれど、なかなか言いだせない自分に喝!

恐らく、ネジというネジが全滅してるのです。
なので高さが保てないの。

最早あれは、マイクスタンドでも何でもなく、

・スチール製の異様な形態をとった棒

に他なりません。

実はもう一部屋(Aスタ)、個人練習用に貸し出しているスペースがあるのですが、
そちらのマイクスタンドは、最新式で軽く、とても良いスタンドが設置されているのです。

でも、何だかそちらの部屋は、
ドラムの個人練習を優先にしているようで、

なかなか回ってこないこの悪夢。

なにゆえに?
ドラム個人練習に、少なくとも最新式のマイクスタンドは必要ないでしょうに!!

それとも、“ドラム弾き語りという”、
新たなジャンルを担う次世代を輩出すべく、

日夜、極秘のプロジェクトが進行しているとでも言うのか・・・。

取り敢えず、私にとってはたかがスタンド、されどスタンド。
死活問題ゆえ、少なくともネジは何とかして頂く所存です。

プンプン。



だから、というわけでもないのですが、
最近私は、マ×スミゼルを大音量で流しながら車を走らせるのにハマっております(笑)

あっ勿論、音漏れしない程度の音量ですのよ。
窓も閉めてね。

そこはおしとやかにせねばなりません。

昔もよく、通学の際などに聴いていたけれども、
或る程度の年月が流れた今、またじっくりと聴いてみると、

その頃とは違った感動が色々・・・。

そしてまた、今“好き”と思う曲は、
また昔とは違うというこの不思議。

勿論、昔からどの曲も好きでしたけれども、
特に好き、と思う曲は、年月と共に変わって行くのですね。

今聴いてみて、一番グっと来るのは“au revoir ”。
イントロが流れると、どうしても途中で止めることが出来なくなる。(笑)

しかしながらそれとは別に、一番歌いたくなる曲は、
今も昔も変わらず“月下の夜想曲”です・・・♪

そうそう、マ×スといえば、
PVもお楽しみの一つという人は多かったはず。

その中で、どの作品かは忘れてしまったのですが、
マナ様が有刺鉄線のヘッドドレスを付けていて、

私がその衣装が大好きだったのです。

が、どの曲で着ていたものかが分からない・・・。
もう一度見たいのですが、PVを探ってみてもなかなか分からず。

もしお分かりの方いらっしゃいましたら、
ご一報願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/140-75dc0b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR