シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

実のなるものと、一向に実のならない私の日々の記録。(ロマン編)



今年植えた、庭のスイカの苗の飽くなき生命力が、
私の毎日とは裏腹に、めきめきと報われようとしています。

ついについに、実らしきものをちらほら付け始めました。

いわゆる畑みたいな場所ではないので、
普通の庭にスイカがなる光景というのは、どうにもこうにも想像がつかなかったのだけれど、

立派立派。

今はまだ、ピンポン玉くらいの大きさ。
頑張って、バスケットボール大程度に成長して欲しいなあ。

それにしても、こんなに小さい頃から、
スイカはスイカ柄してるんだ・・・。



スイカは絶好調なのに、カゴメ氏は絶不調だそうな。
いつにも増して、後ろ向き全力疾走中な今日この頃。

要は曲作りに煮詰まっているわけなのですが、
この場をお借りして、ここで一言宜しいでせうか。

せーの、

「私って才能ない。」

ひゃっはー!

ああー・・・
どこかに埋まってないかな、素敵なアレンジ(笑)

どれもこれも何だかグッと来ない。
そういうフレーズは使えない。

作っては壊し、作っては壊し、再果ては壊すものさへ無くなる。

無から有を生む術は今のところなく、有から無を生むはたやすい。
そしてそこに残るは無。

無。皆無。何もない。ただの無。

そう、考えてみれば最初から私は無であった。
言い換えれば、始めから無だけが確かに“有った”のである。

ああ、無ならば無尽蔵に有るというのに、
どうしてそれこそが有であると、世間に分からしめることが出来ようか。

そうだ、私はあまりに無力過ぎた。
そして人間は、滔々と流れる時間の前には、

余りに非力であった。

完。






・・・・みたいな事ばかり考えているので、
ここに文字という見える形で列挙してみて、いよいよ末期的な無為な時間を過ごしたと、

自分で自分に失笑中ww

しかし、もがいても足掻いても“良きフレーズ”は降ってはこないわけで、

そうなるとワタクシ、「逃避」という、
それはそれはとても便利な、一種の安全装置を発動させる生物なのです。

ナマモノなのです。

そしてそんな私が、逃避の末に辿り着いた本日の〆の結論は、

「歳をとったら、頭をピンクに染めてサイケなお婆さんになろう。」

です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/152-54c0d32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR