シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

新しい・・・。うむ、新しいね。

IMG_4996.jpg

ジェーンマープル、今期コレクション。
ヴァイオリンブリッジとペグのネックレス。

カタログで見た時に衝撃を受けて、
真っ先に予約をしたもの。

正直、ヴァイオリンを弾いて更にこのネックレスをしていたら、
相当なマニアっぷりだろうか・・・とちょっと迷ったには迷ったのですが。

『音色もさることながら、ヴァイオリンの形をこよなく愛し、中でも駒が好きでたまらない人。』

これは相当なマニアですよ。
何てったって「好きなパーツが駒」ですからね。

F字孔マニア(がいるとすれば)と一触即発間違いなし・・・・。



タイトル:【駒まにあとF字孔まにあ】

第一幕:ことのはじまり
場所:ここはとある夕暮れの器楽室。
   駒マニアとF字孔マニアの二人、因縁の対決を今ここに始めるべく、斜め45度に相対峙している。

(駒マニア)「駒はな、君。ヴァイオリンの音色を左右する重要な存在、いうなれば神だ。」

(F字孔マニア)「何を言うか!(何故か周りを見渡して)よーく聞きたまえ諸君。F字孔が無ければ、音色も何もあったものではない。いうなればこの空洞は魂だ。」

(駒マ)「フッ、粗忽者めが何を小癪な。そもそも何でF字なんだ!アルファベットは他にいくらでもあるだろう。見識が狭いとは、当にお前のような者のようなことを言うのだ。(せせら笑う)」

(Fマ)「言わせておけばいけしゃあしゃあと。数々の罵詈雑言、もう捨ておけぬ。お前なんざ四本の弦がなければ、一人で立つこともままならないではないか。裏切られてしまえ!そして倒れ、儚くも散ったお前はメソメソとむせび泣き、れんこんチップスにでも紛れ、己の非を悔いるがいい。(ほくそ笑む)」

(駒マ)「なんと、蓮根とは失礼千万。空洞風情にそこまで言われるとは。この、ヴァイオリンパーツ界の一反木綿め!因みに“メソメソ”と“むせび泣く”のとはちょっと違うだろうが!」

(Fマ)「往生際が悪いぞ蓮根、レーンコン!蓮に帰れ!」

(怒号が飛び交う中、沈みゆく夕陽を背景にゆっくりと暗転)



・・・みたいなww

途中から、マニアという立場を越えて、そのものになり変わって会話がなされているところが、
何とも常軌を逸していて怖い。

と、頭の中ではそれはそれは大暴走を繰り返していたものですが、
どう考えてもやっぱり可愛いと思ってしまったので、

「マニア、それもまた楽し。」

という格言を胸に、予約したのが7月。
引き取ってみて確信致しました。

可愛いですww
そして、この感覚は新しいです。

IMG_4987.jpg
(ゴキゲンな管理人。)



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/16-5ba07c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR