シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

微妙な大人買い。


・パニエスカート/BellAme
・メリーゴーラウンド柄ボーダーカットソー/JaneMarple

やはりこのほわほわ感は癖になりますなあ。
目の錯覚を利用して、対比で足が細く見えますしね。

パニエの色合いが、ラベンダー×ブラウンということで、
全身、近しい色合いでまとめてみたり。

カットソーのブラウン、オーバーニーのワイン。

パニエスカートは大好きアイテムで、他にも何枚か所持しているのですが、
この色合いのこの子が一番しっくり来る。

ああ毎日でも着ていたひ。



そんなこんなで、前々から決まっていた任務遂行の為、
母上とお出かけ。

ランチは私がご馳走するという約束だったので、
母の大好きなレストランにて日替わりのコースをば。

fc2blog_20120822170238c71.jpg

メインは白身魚のムースでした。
中がふわんふわんでたまらない食感・・・♪

ホワイトソースもとても美味しくて、
サフランライスと絡めて食べると絶品。うむむ。

私も母も、お肉料理やフライ料理をお昼に頂くのは苦手なので、
良い具合のボリュームのもので何よりなり。

ランチの後で、一緒に日傘を見立ててもらう予定だったのだけれど、
お買い物予定だったお店の、稀の休店日に引っ掛かってしまい断念。

ぼーん。

加えて、帰り道にはさして帰るつもりだったので、
この時期には必ず持ち歩いている古い日傘も携帯しておらず、

家路はまさしく、直射日光に直射されながら辿る羽目に。
あーつーいー。今時の日光はまるで刺さるようだ。

行きは母の日傘に入れてもらっていたので余計にしみる・・・否、しみたのです。

というのはやや後々の話なのですが、
取り敢えずは、日傘を見立てる必要の無くなってしまった母と別れ、私は本屋へ。

戦利品↓

fc2blog_20120822170707822.jpg
江戸川乱歩の人間豹とずっと気になっていた蛟堂報復録と美女と竹林。
欲しかった作品を、重くない程度に微妙に大人買ってみました。

人間豹は前々から読もうと思っていたけれども、
何となくタイミングが合わずに今に持ち越し。

乱歩に関して、
私は、色々な出版社から出たものを、見付ければ手当たり次第に買っていた時期があり、

そうなると、出版社によって作品の編纂の仕方がバラバラというか収録の仕方が違うので、

一方に収録されている5作品のうち、4作品は他の出版社のもので読んだのに、
1作品だけ読めていないから欲しいけれどでも他の4作品は持ってるしあーどーしよー.,.,./[[/.@

なんてことになって、
そんな私のどうでも良い裏事情に巻き込まれた作品の一つが人間豹だったという。

で、今日やっと、単独でお迎えしてあげられましたよ、という話です。
ふー、分かってくれました?

この出版社さんは、長編ならどうやら1作品ずつ編集して出版して下さっているみたいなので、
“白髪鬼”とか“我が夢と真実”とかも、単独で手に入れられる望みがあるかも。

「美女と竹林」は、文庫で出版されているとは思わなかったので、
見付け次第迷わず入手。(代わりに、夢枕獏の新刊と芥川龍之介を断念。重くなるから。)

そして「蛟堂報復録」。
陰陽師モノということで、夢枕獏の描く陰陽師のキャラとの相違が楽しみ。

安部清明に勝る陰陽師がいるとは思えないけどね!!

この本を探す時に、本屋さんにある検索端末を使ったのですが、
そうしたら、どうやらコミック類の奥の奥の書棚にある雰囲気で。

まー物騒な所にあるものネー、なんて思いながら、
野山を分け入り辿り着いた場所。そこは何故か・・・

卑猥なコミックの書棚。

がーん。
なんでー??なんでそんなとこに分類しちゃうかなあ。

まあ、仕方がないので探したけれど、
私の欲しい文庫サイズのものが無くて、もっとちゃんと探そうと思ったけれど、

取り敢えず、その場所に長時間いるのが恥ずかしくて、
結局その本屋では買わずに、地元の本屋で買ったはいいが1巻が無い。

がーん。
ぼーん。

ツイているようなツイていないやうな。
そんな一日でしたよ。



この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/178-3f4c32ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR