シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

モノクロームな日々と私。



昨晩はお疲れ様で御座いました。
ライヴで御座いました。

カゴメトヴィオロンのステージにお付き合い下さいました皆様、
CDをお迎えして下さいました心優しい方々、麗しい対バンの皆々様、

誠に有難く、またかたじけのう御座いました。

久々の影テレビ。

ここのところは、カゲテレの収録でない限り、
めっきりライヴハウスでの演奏からは遠ざかっておりますワタクシですが、

やはり、ライヴハウスのステージというもの、
ライブバーとはまた一味違った空気、時間が流れておりますね。

ライブバーというのは、フロアからの空気・時間が、
ステージへと繋がっているような雰囲気がある。

ライブバーが醸し出す空気感の中で、
ステージというものはある意味飾りであって、絶対的な存在ではない。

フロアが主、ステージは彩り。

演者は与えられた時間、ステージで個性を発揮するけれども、
其れが、バー全体に流れる空気を支配するということはない。

BGMのように、そっと寄り添うイメージなのですよね。

それに対してライヴハウスは、ステージは絶対的な領域。
舞台上で繰り広げられる世界が、その時間の全て。

ライヴハウスを一歩出たら、そこには確かな現実が存在するのだけれども、
ライブハウス内にいる人間にとっては、それは虚構であって、現実はステージ上にある。

それくらい、ライヴハウスというのは、
現実の中にぽこっと口を開けた異空間、という印象が強い場所です。

バーにもハウスにも、それぞれの魅力。
よって見せ方も変わるというものでせうが、

私は相も変わらず。

客席の温度なぞおかまいなし、
現実はおろか時代さへも隔絶したステージを、お届けしております。

こんなワタクシですが、これからもどうぞご贔屓に・・・。

セットリスト
****
1.黒猫スーニャ
2.ラ・フルール -匣の中で観る夢-
3.シャペロンルージュの独白
4.終止符はマチネー

そうそう!
昨日は、某黒髪の美女から度々お話を聞き及んでおりました、樋口智美さんとご一緒でしたの。

大人の女性の情念を、艶っぽく歌い上げておいででした・・・!

スーニャもビックリ。
これはきちんと、ご教授頂かなければ。

爪を研がないとね。取り敢えず(≧∇≦)

一緒に写メして頂いたのですが、
あろうことか編集中にまさかのデリートタップanibugftwkpdcihtftg.....orz

スマホあるある。

ライヴらしい写真、樋口さんとのお写真、
あれしかないのに何たる不覚!

ブログの写真がないよう・・・ということで、衣装のコルセットのお写真でお許し下さい....

因みに、お友達に物々交換してもらったアウアアコルセット!
可愛い(^.^)

衣装で度々使う予定です。

今回ご一緒させて頂いた樋口智美さんとは、
どうやら次回のメルローズでもご一緒みたい!

お楽しみに・・・♪
私ももう一度お写真をば・・・


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/210-819d065e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR