シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

きものあるき・アンティーク矢絣の章。

10月後半から年明け、そして年度変わって5月あたりまでが、
一年の中での個人的な着物シーズンのサイクルで、

従って今年も、11月付近頃から活発に、
お着物を畳んだり広げたり1年分の防虫香の注文をしてみたりファーケープを欲しがってみたり・・・

と、準備し始めてはいたものの、

多忙だったこともあり、
実際に今期の着物始めをしたのは、先日のk嬢とのお着物デート。

でもでも、あの時着ていたのはポリ着物。
やっぱりアンティークが着たいワ、といふことで、

今期のアンティーク着物始めを、
粛々と且つ孤独に、敢行したという或る日の記録です。

fc2blog_20121207222308932.jpg
アンティーク矢絣。黒字にカラフルな矢羽根の図。
ああああお袖が長くて可愛いよー。

fc2blog_20121207221824ffe.jpg
帯はからし色に百合柄の、ポップなアンティーク名古屋。
帯揚げもキュンキュンなものを選んでみた。

fc2blog_201212072219104cd.jpg

fc2blog_20121207232352be2.jpg
個人的に、和柄の定番である矢絣の構図が大好物なのですが、
この矢絣は、矢羽根が凄く大きくてしかもカラフル!

超ポップな配置+配色なのだけれども、
そこをしっとりとした黒の地色がぴりりと引き締めてくれるので、

弾け過ぎず落ち着きすぎずの、丁度良い可愛らしさというか、
品の良さを演出してくれるので、大の大のお気に入りの一枚です。

しかもね、靴が良く合うの。
全く違和感なくパンプスが履けるお着物って凄い。

うー、お着物ってやっぱり楽しいわあ(*^^*)

余談だけれども、前回がポリ着物だっので尚更強く感じたのですが、
やはり正絹の手触りは素晴らしいですね。

しっとりと身体にぺたっと馴染むというか、寄り添ってくる感覚(憑依ではない)は、
化繊にはない特徴ですね。

逆に化繊のお着物の良きところとは、全くというほどに皺にならないこと、
生地が強いこと、

そしてやはり最大のポイントは、お家でお洗濯出来てしまうこと。

そのことにより、活用場面や着用時期も広がり、
手軽に・気楽にお着物が楽しめるように(^O^)

特に真夏のお着物によく使用される生地、セオα!
あれは私のような汗かき族には、夢のような神素材です。

あの生地のお陰で、泣く泣く夏は完全オフシーズンとしていた私のお着物ライフも、
緩やかに変わり始めることが出来ました。

なので、私の着物サイクルで言うならば、

11月(個人的着物始め)〜3月:アンティーク袷
4月〜5月:アンティーク袷・単衣・銘仙
6月:木綿
7月〜8月:セオα
9月:木綿
10月:単衣・化繊袷・銘仙

で誕生日。

みたいな感じで1年を過ごせたら理想です。
まあ実際には難しいことばかりなのですが。

今期は頑張って実行してみようかな。
応援お願い致します。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/219-c7eb0ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR