シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

邪道道をゆく。襦袢編。

襦袢の話。

現代物のプレタとかの場合は、そんなに気になることもないと思ふけれども、
アンティークものとなると案外困るのが襦袢。

標準的なお袖の長さは、大体49センチ程度だけれども、
アンティークのお着物は、お袖の長さがどれもバラバラなことが多いですよね。

45センチ程度のものから71センチ近くまで、
裄の長さもバラバラ。

アンティークもの一枚につき、その度に襦袢を用意していたら、
例え襦袢が何枚あったとて足りない!

それならウソつき袖にしちゃえば良いのでは?

と思い、
長らくウソつきを愛用してはいたものの、

裾さばきの件、動きやすさの件、
マジックテープの感じ、身八つ口付近から瞬間的に覗くスリップの地・・・

どれを取っても、少ーしずつ気になってしまう。

そんなこんなで、色々と実験してみたところ、
これならある程度はイケる、と思った方法は…

fc2blog_20121226114839cc4.jpg
お着物の袖丈に合わせて襦袢を折り込み、

fc2blog_20121226114934a27.jpg
取手を折り返せるタイプの書類用クリップでパチン。

でおしまい(^ω^)

これで、5〜10センチ弱程度は調節しちゃえるので、
お襦袢も、袖丈の違うものが最低2枚ほどあれば、お振袖以外は着れちゃうのです。

しかも、クリップの重さが役立って、
振りからお襦袢が飛び出るのを防げるという一石二鳥付き!

お振袖を着る時に、お襦袢が出るのを防ぐため、
袂に重りを入れたりしますよね。

あれと同じ理論です。

まあ、一張羅のものにはやらない方が良いと思いますし、
一張羅と呼べるものには、合わせてお襦袢も仕立てるべきなのでせうが、

街着なら、これでも全く困りませんよ(^o^)
実際、私はこれで快適です・・・♪

邪道申し訳ない。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/226-c23066fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR