シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

つまりこういうやうなことです。

IMG_0005.jpg

新しいデジカメ、
“Canon IXY 200F” 氏です。

お色は何故かぴんく。

自らだと、ピンクを選ぶ確率は比較的低かったと思うのですが、
最後の一点がこのピンクでしたので。

今までの経験からすると、最後の一点といえばシルバーかホワイトというイメージ。
とはいえ、実際シルバーかホワイトではちょっと不満だったので、

客観・主観問わず、運は良かったのでせう。
(因みに、デジカメはシャンパンゴールドがブラウンがベスト。今までは全てブラウンで来ました。)

でも可愛いですねえ。
ピンクの色も、最新モデルよりも少し紫がかった淡いピンクで。

最新は色が気に入らなかったのですよ。
なので、結果的には良い買い物が出来ました・・・♪

デジカメはこの子で3代目になりますが、
ずーっと変わらずIXYを使用しています。

機能としては、カラー写真を撮るために購入したので、
その点ではとても使い易くて文句はないのですが、

ワンポイントカラー写真であるとか、スイッチカラー写真であるとか、
そういったちょっと変わった写真を簡単に撮りたいときには、

この子は向いていないようです。
(というか、機能がなくなってるww)

特にワンポイントカラー写真は個人的に大好きなのですが、
あんまり撮る人いないのかなぁ・・・。

なので、そういった写真を撮る場合には、
2代目にご出動願わねば。

・・・しかしこうなってくると、
デジタル一眼も欲すぃ。

コンパクトデジカメでは、やっぱり出来ることが限られてくるし、
今回もそうだったけれども、簡易化されることによって削除される機能も増えていくし・・・。

それにしても、本当の一眼は、絶対に出来る気がしない。
昔、兄がやっていたんですがね、教えてくれないだろうな(苦笑)

となると、やっぱりペンが欲しい。

そういえばペンはオリンパスですけれども、
オリンパスの業績は右肩下がり、そればかり。

心配しんぱい。



IMG_0007.jpg

昨日はやーっっとと、スタジオ練習に行けました。
(半ば無理やり行ったのだけれども・・・。)

そして、あまりに何も出来ないことにオドロキ。

まずは機材やら楽器やらの荷物が持てない。

使える足が一本になると、こうも荷物が持てないものかと。
そしていつも自分は、今こんなにも重いと感じる荷物を、

平気で持ち上げていたのかと。

人間の骨は約206個あって、
今回私が負傷しているのは、そのうちのたった1本(に3か所ヒビ)だというのに、

こんなにも出来ることが少なくなって、
そしてこんなにも身体を支えることが出来ないのかと。

ああああー骨って大切!!!

それから、家から簡単に出られない。
玄関の石段の登り降りが出来ない。

やむなく這ってみたり色々と試行錯誤して、
文字通り家から「這い出して」みましたが、

最早これはなにがしかのトレーニングですよ。

そんなこんなで何とか車に乗り込み、
スタジオまで連れていってもらいました。

スタジオに入ってからも、いつもチャチャっと済む配線に15分位掛かるし、
準備と片付けが意外と大変でした。

中でも一番焦ったのは、
防音扉のロック(大きいレバーの差し込み)を解除出来なかったこと。

足を踏みしめることが出来ないから、
レバーを上げるために充分な体重をかけられないんですねえ。

「えっ!ここで生活?ムリムリムリムリムリムリー。
ジェーンもエミキュもないし、食料はちょっと行けばイ○ン系列のスーパーがあるからいいにして、
あっでも大体布団がないしぃーあと窓がないのはムリ。」

みたいになったのですが、
何とかレバーを外す事が出来、ことなきを得ました。

暫くは、スタジオのおじさんにも迷惑を掛けてしまうけれども、
「出来ることはお手伝いするので、大丈夫ですよ◎」と言って下さったので、

少しの間、ご厚意に甘えさせて頂くことになりそうです。
元気になったら、お礼をします!



明日は病院でレントゲン撮影と診察です。
くっついてるといいなー。

IMG_0004 (2)


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/31-b55ee8f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR