シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

セントメアリミードのイチゴ事情。

fc2blog_201306081546271f3.jpg

今年の夏、ジェーンのカタログで衝撃の出逢いが御座いましたののん。
それは苺!イチゴ!I・CHI・GO!!

私、今までの決して濃いとは言えない人生の中で、
苺柄にはもう・・・それはそれは苦労し、涙して来たのですよ。

と申しますのも、私はですね、
悲しいかな、世の可愛らしいお嬢様方のように、

苺柄なら何でもかかってらっしゃい!ψ(`∇´)ψ

とは言えない事情が御座いまして、
・・・要は、似合わないことの方が多くてですね、

エミキュを始め、周囲がその年の苺柄の話題で華やげば華やぐ程に、
私は彩りを失い、干からびるだけの日々。

だったので・すが、

ちらりと覗いたジェーンの今期夏カタログの中に、
図らずも、

そんな不毛な私の季節に終止符を打つべく・・・いや、打ってくれるであろう、
舞い降りた衝撃の赤い果実、

それがジェーンのICHIGO・in2013。
私が名付けるなら、これは正に「待っていた」イチゴ!

fc2blog_20130608154908dbc.jpg

いかがでせう、この初期のジェーンを思い起こさせるような佇まい。
果実は如何にも、小さ過ぎも大き過ぎもせず。

それでいて丁度良い密集具合、隣合う苺との程よい距離感、
そこに生まれる隣人への思ひやり・・・ヘタがさり気なく空白を埋めていますね。

苺自身の描かれ方も、ずっしりとした質感は残しつつも、
全体のタッチや輪郭が淡く纏められているので、

一口に「可愛い」という印象ではなく、
そこにスタイリッシュで大人っぽい側面が程よく押し出されていて、

私には大変嬉しい仕上がりです(*^^*)
おいしいおいしい・・・

このシリーズからは、カットソーとJSKを頂きました。

fc2blog_20130608154822e57.jpg
JSKは背中が編み上げなのも嬉しい。

あと、今回は肩紐が金具で調整出来るようになっているので、
自分の好みに合わせて丈を変えられる、というのもポイント高し。

ジェーンのJSKやOPは、私には色々と大きいことも多く、
その度に、しょっぱいものを感じないわけではなかったですから…orz

それにこの肩紐の微調整なるもの、
好みや着る場面に対してもですが、

これから先の年齢に合わせて、という着方にも対応出来そうなので、
嬉しい限りです。

気に入ったお洋服は、一年でも一日でも・・・一分でも長く、
着られるものであって欲しいですからね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/313-cdf8adf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR