シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

アンティークの国へ〜koto京都編〜

みっかめー。

fc2blog_20131026170026835.jpg

最終日。
今回の旅ではお着物は2枚しか持って行かなかったので、

初日のおリボン着物を帯チェンジで御座います。

最初は、弥生さんのところで頂いた帯を締めるつもりでしたが、
帰りの車中で潰れる危険性を加味して、兵児帯にしました。

fc2blog_20131026132800c16.jpg
コンパクトだけれどボリュームのある結びに。
衝撃にも強いと三拍子?

もしもしも、お気づきになって頂けていたらば幸いなのですが、
こちらのお着物、実は、おリボンが絵羽になっているのです。

くるくるっとね、螺旋が繋がっておりますでしょー?
うふふ。

そんなわけで、フロントの方を急かしつつ、(嘘ですよー)
早々とホテルを飛び出して向かった先は・・・

fc2blog_20131025203844135.jpg
町屋造りの建物が美しい梵さん。

アンティークの端切れを用いた、手作りの和装小物とインテリア、
キモノ姫になれちゃうレースアイテムからアンティーク着物に至るまで、

ぎゅぎゅぎゅーんと詰まった濃密空間が広がっています♪

前回お伺いした際に頂いた、鳥さんの根付が大層お気に入りでして、
今回もいくつか小物が欲しくてお伺いしました。

どれもかれも可愛いものばかりで迷ってしまうのは常ですが、
私は帯留めと帯飾りを選択。

Kちゃんは長羽織りと襟飾りをお迎えしてましたよ。
どちらも可愛かった◎

そうそう、お店の方が、私たち二人のことを覚えていて下さいましたの。
喋り方でも分かるみたい。京都弁じゃないですからね(^_^;)

美味しい落雁とお茶までご馳走になり、
更に、時代祭のご案内と詳細情報という、

美味しいお話までご馳走に♪

私は、恥ずかしながら時代祭というもの、
京都三大祭の一つである、ということしか知らなくて、

それがどのやうなお祭りなのか、ということに関しては、
無知千万の極みだったのですが、

お店の方のお話を聞くうち、「な、なるほど、」とにわかナットク。

方やKちゃんは、前々からずっと見たいと思っていたということで、
ならは参じませうと予定を練り練り。

時代行列が平安神宮に最後に集結するであろう凡その時間を、
お店の方に教えてもらい、

以降の行程をKちゃんに決めてもらうダメカゴメ然り。

さて、気を取り直しまして次に向かったのは、

fc2blog_20131025204318bc5.jpg
ややさん。二階の窓にもアンティークな施しが・・・

fc2blog_20131025204405500.jpg

店内、相変わらずハイレベルな品揃えでした♪

ややさんは、名古屋にも催事で来て下さったりするのですが、
その時には、割と名古屋好みというか、

スタイリッシュなものをメインでお持ちになるので、
こってりこっくりしたものは、やっぱりこちらの実店舗さんにわんさか♪

ヘッドドレスもいっぱーい!
楽しい!!

一つ、とおーっても気になったカラシ色の矢羽根柄があったのですが、
ちょっと前幅が足りなかったな。くぅ〜骨盤に泣く(>人<;)

でもな、カラシ色の矢羽根はお気に入りを持ってるしな。
むにゃむにゃ・・・

ということで、足りなくなっていた防虫香を頂いて帰りました。

ややさんは京都市内にもう一店舗姉妹店さんがあるのですが、
この日はお休み・・・残念。

いつか銀座のお店にもお伺いしてみたいなあ。

***

可愛いものの残像で胸をいっぱいにし、
しばしフラフラと散策〜。

fc2blog_2013102520464323c.jpg
お香の専門店ハケーン!

流石の豊富な品揃え。
この規模は、ちょっと地元にはないわあ。

お香立ても、可愛いデザインのものばかりで目にも嬉しく。
折り鶴の形のものにキュンキュン♪

香りと言えば、お家で使う匂い袋がちょっと欲しかったのだけれど、
案外嵩張るので、泣く泣く断念。

石黒香本舗さんとかで通販してもらおうかな。

さて、そうこうするうちお腹も空くので、

fc2blog_2013102520482197c.jpg
京野菜とおばんざいでランチ!

と色々ゆっくりしているうちに、
時間の余裕が目減り・・・

道も混んでるしバスも動かないし、
時代行列見に行くのは無理かなあ、とショボンとしていたら、

通った!ちょっとだけだけど!

fc2blog_20131025210449214.jpg
fc2blog_20131025210527194.jpg
fc2blog_20131025210548f08.jpg

すごい人出だったし、故にあまりお写真も撮れなかったけれど、
少しでも見れて良かった◎

でも、ワガママ言うなら、静香御前さんとかも見たかったけどナ・・・
(こちらでは女性の装束があまり見られなかったので)

と口を尖らせていたら、

・・・・んんん?

fc2blog_201310252106226ee.jpg
舞妓さんだ(≧∇≦)

fc2blog_20131025210652cdc.jpg
fc2blog_20131025210719ee7.jpg

綺麗〜!
本物の(プロの)舞妓さんって、やっぱりメイクだけの人と全く違う!

所作も美しいし、(特に後れ毛を撫で付ける仕草が可愛い・・・)
ダメな角度というものが見当たらない。

日頃からみっちり、一つ一つの動作にまで気を配っている方って凄いですね。
大変なお仕事。

はあ、素敵な世界を覗きました。

そんなこんなで一応、目的は全て果たしたし、
お友達へのお土産買いかい、帰路へと向かったのであります。

帰りの車中で、Kちゃんとまた約束しました。

「次回は舞妓さん体験しに行こう」と。

さっき、やっぱり舞妓さんの美しさの源は「中身だわ」と悟ったところなのに、
分かってない私です。

ふっふーん。

というわけで、次回の「お土産編」をもちまして、
旅の日記を終了させて頂きますー。

拍手&コメントのお返事は暫しお待ちを。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/10/27 20:49】 | # [ 編集]

Re: タイトルなし
♪ひとみ丸さん。

コメント有難う御座います!
旅行記、お楽しみ頂けたとのこと、嬉しいです◎

はい、ご指摘のとおり、
旅のお供に連れていたのは、ジェーンのBOXショルダーです(^o^)

一見小振りながらも、確かな収納力を持ち合わせているので、
なかなか頼もしい助っ人ですね。

北国にお着物の方は沢山いらっしゃるのでしょうか♪
何かオススメの防寒法など御座いましたら、またお教え下さいませ(*^_^*)
【2013/10/28 22:27】 URL | 篭目画伯。(kagome-gahaku) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/389-742721c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR