シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓を開ければ。

fc2blog_2014021409364709b.jpg
雪。
目覚めれば、予想を上回る積もりよう。

雪の降る日は、幾分雪が音を吸収するのか、
いつもよりも周囲がしん・・と静まり返ったやうな。

前日はPCの前で死闘を繰り広げました。
何故かって?

「年に数えるほどしか使用しないくせして、
・・・年に数えるほど絶対的に・また必然的に、
・・・・その存在を不可避到らしめる期間がある。」

某ソフトうえあー。

当に前日はその「不可避到らしめられた年に数えるほどの日」
だったわけなのですが、

それを何の気の迷いか、あっさり削除してしまいましてね。

この指先が覚えておりますとも、
削除ボタンをクリックしたことを!合掌!

急いで復元を試みるも叶わず、
結局一からソフトを導入し直し、細かーい設定を泣きながらこなし、

お陰様で忘れられない日となりました。

さてそんな胸の悪くなるような時間から一夜明け、
雪ですか。

雪の日はストーブの側で読書が極上!だと、
信じて止まぬカゴメ哉。

fc2blog_201402140933373aa.jpg
ここのところ、またシャーロックホームズシリーズを全て読み返しています。
恐怖の谷の再読を契機に、着火しましてよ。

こういう地図とかが物語の資料として添付されているのを見るにつけ、
ワクワクが止まらない〜家から出たくないよ〜。

そうそう、私はこれでも結構な読書スキーなのですが、
いつも本を購入する度に大抵は付いてくる、日本のお家芸・ブックカバー。

何れは必ず捨ててしまうあちらのカバー、
親切なのは重々承知・・・でもムダ過ぎる・・・勿体無さすぎる・・・

と思っていて。

それならカバーをお断りすれば良いのだけれど、
例えば電車内とかで読むことを考え・・・便利だからと瞬間的にもらってしまう。

(特に推理小説なんて、救いようのないタイトルも多かったりするわけで´д` ;

そう言えば思い出したけれど、昔、車内で見られてしまうことを逆手に取って、
敢えて聖書を読んだっていう友達がいたなー。笑)

なので、長い間そんな事情と泥試合を繰り広げつつ、
ブックカバーを探していた私。

fc2blog_2014021409371672f.jpg
やーっと好みのもの入手◎一目惚れ♪( ´θ`)ノ
革のカバーが希望だったけれど、鍵盤には変えられまいよ。

fc2blog_20140214093738e04.jpg
因みに帰り途でswimmerに遭遇。
するすると店内に吸い込まれ、退室時手にしていたラッピングクリップ♪

ビスケット〜!
邪魔なコードをまとめるのに使うのだ。

ではこれから読書なので、この辺りでごきげんよーう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/444-4bcd9d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。