シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

華麗なる「100」の軌跡。

fc2blog_201403301606379e7.jpg
お着物熱全開中〜。
縞のお着物って間違いないわん。

何かとお着物柄として登場する縞ですが、もともとは日本古来の図柄では無く、
インドネシアなど海外から入ってきたのが始まりで、

所謂、輸入品扱いだったと云うのだから驚き!
だって、こんなにお着物に合う図柄って無いと思うものー。

縦を・・・否、縦のみを強調したスタイリッシュなデザイン、
色合わせやその太さによって自在にイメージを操れる万能図柄。

お洋服と違い、衣服としての基本の形に変化を持たない和服にとって、
こんなに画期的なデザインは無かっただろうし、

その分、この縞柄に初めてお目に掛かった当時の日本人の方々は、
正に青天の霹靂による震えを、禁じ得なかっただろうと思ひます。ぶるぶる。

そして後々この縞柄が、江戸のファッションリーダー的な方々を媒体として、
爆発的にヒットし、そしてまた独自の進化を遂げ、

あわや、

「れっきとした日本発祥の伝統あるデザインですが何か?」

なーんていう、
堂々とした勘違いまで起こす程に、日本文化に根付き、

またそこまで昇華させた、歴代の日本人の縞に対する情熱に、
敬意を表さずには居られません。

かくいう私も、縞ダイスキです。

fc2blog_20140329190653974.jpg
帯結びんは、三叉紐を使ってぱたんぱったん適当に。
三叉紐を使うと、ボリュームと高さが出るのが良いですよねー。

fc2blog_20140329190717634.jpg
帯マワーリ。帯は以前、Berry工房さんで頂いた染めの半幅。
ろうけつ染めっていいわー。

fc2blog_20140329191134e4d.jpg
実は気球がいるです。

そんなわけで、ママ氏とお出掛け。
いかん、親友並みにママと仲良くしている私。良いよね、別に。

fc2blog_20140329190744ffc.jpg
とうとう二人で30cmの極太海老フライを制覇した!
衣がう、薄ーい(^O^) ものすっごく軽いフライ・・・ほぼ蒸し海老な感覚です。

その後、楽譜を探しに行ったりしてお買い物を済ませ・・・

fc2blog_20140329190828b8a.jpg
こちらを観覧!着せ付け講座で御一緒させて頂いている、
エリザベスマミィさんにチケットを頂きましたの◎

私自身、宝塚にはすごーく興味あったものの、
似て非なる別なもの(詳細非公開)にハマっていたので、

宝塚の世界に関しては、
演目をちょろちょろっと知っている程度の知識だったのですが、

ママ氏が若かりし頃に、親子二代でハマっていたということだったので、
色々教えて貰いながら観覧して参りました。

いやいや・・・普段あまりテンションの上がらないママ氏が、
ファンだったというタカラジェンヌさんの写真等を見て多弁になっている様子は、

娘として新鮮でした◎

でも分かる。
私も似て非なる別なもの(詳細非公開)にハマっていなかったら、

かなりコアなファンになっていたと思うもの。

宝塚のほーんの入り口だけでも覗けて、とっても楽しかったです。
一度は見に行ってみたいなー!

fc2blog_20140329190954d4d.jpg
こんなことまで出来ちゃうなんて、流石の100周年!
私はお着物で羽根が背負えなかったので、シャンシャンで参加◎

そうそう、お着物で観覧していたら、
素敵なマダムの方に褒められちゃった( ^ω^ )

「竹久夢二の絵から抜け出て来たみたいね。」ですって!
ぎゃあ〜、やっぱり縞って素晴らしいわ〜!



結局二時間強、展覧会に見入って♥︎しまい、
ママ氏とはお別れして、私はBerry工房さんにお邪魔。

みちよさんにご相談したいことがあったのと、狙っていたお買物◎
みちよさん自身が在るように、みちよさんが作る商品の女子力も半端ない!

fc2blog_20140330145331bc8.jpg
可愛い小物、色々お迎え〜(*^^*)
着物ショーに出させて頂いた上に、お礼としてプレゼントまで頂いちゃった!

有難う御座いますm(__)m 感謝…。

以上、キラキラとした、素敵な一日の出来事で御座いました。
完。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/470-e7236885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR