シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻燈ないと。

fc2blog_20140609100512e41.jpg
二週連続でまたまた日曜日の夜のお楽しみ。
毎年この時期、ついつい着たおしてしまうジェーンのピクチャーブック纏い、

fc2blog_20140609094916219.jpg
コットンパールとかじりかけビスケットのネックレスで、
ほんのり、そこはかとなーくドレスアップの兆し。

で、何処に行ったかというと。

fc2blog_20140609095029419.jpg
ものすごーくお久し振りのKDハポン◎

私が最後にここに来たのは、
アコーディオンのイベントに出演させて頂いた時だから・・・

もうかれこれ五年くらいご無沙汰していた模様!

そんな懐かしいこの場所で、
昨晩は素敵なパフォーマンスを体感して参りましたの。

一人芝居、幻燈×コンテンポラリーダンス、二人芝居、
贅沢な夢の三本立て・・・ふわあ〜心がお腹いっぱいに。

因みに前回、美形ジャズドラマーMちゃんのライヴに行ったお話はしましたが、
その会場のライヴハウスに、ハポンの予定表が置いてあって、

それを何気無くめくっていたら、この催しの案内が載っていて、
それが今回、会場へ足を運ぶキッカケとなったわけなのですが、

開場時間ちょっと前にお店に行ってみてビックリ!
すっごい長蛇の列。

その列も、予約の方のだと言うのだから驚き。
私は当日飛び込み組だったので、もしかしたら入れない(>_<)

と、思わず親指を握りしめたものですが、
主催者の方のご厚意でなんとか潜り込めました〜。

それに、ハポン自体がとてもコンパクトなハコなので、
最後尾尾付近で入場しても、ステージはバッチリ見えました♪

はあ〜、出演されていた三組の方々皆様、
独創的で哲学的なステージを繰り広げられていて、

最初から最後まで引き込まれました。
何度も言いますが、心が満腹になった!

また不思議なのが、
こういう独創的なパフォーマンスを見ている時って、

勿論目で、集中して「見て」いるのだけれども、
その他にどこかもう一つの「心の目」みたいなのが開いて、

それが自分自身の深層心理を見つめ始めるような、
自分を自分が俯瞰するような、すっごくヘンな(良い意味)感覚を覚えます。

でもそれがとっても心地良いんですよね〜。
あ、脳が休んでる?みたいなね。

とても素敵な時間を過ごせました。

そうそう、そう言えば一つのお芝居の中で、

主人公の男性が、恋人の女性に絵の具(色水かな)を、
じゃばじゃばっと注ぐ場面があったのですが、

女性の衣装は真っ白いワンピースだったので、
「あれ、洗ったら落ちるのかな?」なんて気になっちゃったりしました。

いやでもあの真っ赤な色水さへも、幻燈の魅せるまぼろしに違いない?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/501-c4cf2aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。