シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣と舞妓さんと鮎とゆーれい。

fc2blog_201408230921563e3.jpg
立秋を越えたとはいえ、まだまだ浴衣、キチャイマスヨ。
金子国義氏の黒浴衣で、キリリと涼しいイメージを。

fc2blog_20140823083319b2c.jpg
この浴衣には、ちょっと毒を感じるアリさん帯との相性が抜群だと思ふの。
キラキラビジュー付きの帯締めは、トラップの角砂糖に見立てては如何?

fc2blog_20140823083417092.jpg
この帯を締める時は、この結び方と決めています。
帯の切り替えと柄部分を、フルに押し出すお太鼓系。

fc2blog_2014082309190769a.jpg
何気にドクロ。黒地にグレーという色合いなので、意外と気付かれない・・・
と思いきや、これがまた遠目からバッチリ分かるらしい。

と、このやうな出で立ちで、

fc2blog_20140823093857ab5.jpg
「舞妓さんビアガーデン」なる素敵な企画に参加して参りましたのん!

fc2blog_201408230838250e0.jpg
名古屋よりご一緒して下さった大好きなお二人。(舞妓さんに噛み付く之図)
華麗なるふぇりちた一期生の同級生で御座います。

fc2blog_20140823084523f09.jpg
ビアガーデンに舞妓さんがいるー。はぁぁなんて可愛いの〜(*^^*)
背景全てが色彩を失う程の艶(あで)やかさ。

fc2blog_20140823084947588.jpg
重厚感のある帯は、高く高く結い上げて。
この帯を支えるために、5cm程もある太い帯締めをしていらっしゃいましたよ◎

舞妓特有のアイテムなんですって!

fc2blog_20140823085118181.jpg
はやさんと一緒に撮って貰った♪

fc2blog_20140823085152576.jpg
はにぃさんも揃われた所でも一枚、写り込んでみる。

fc2blog_2014082308523736b.jpg
今回の素敵企画情報を下さったたけにゃんさん。笑顔が可愛い〜デレデレ。

fc2blog_20140823085316f34.jpg
舞妓さんにお酌をして頂くはにぃ社長。

fc2blog_20140823085351158.jpg
喜久富さんもくいっ。

fc2blog_201408230854256c3.jpg
ぷはー。ではなく、グラスの淵をきゅっきゅっ!
品があるわん〜♥︎

fc2blog_2014082309023743c.jpg
先ほどの舞妓さんよりちょっとお姉さん、芸妓さんの卵の喜久里さん。
艶っぽいわん!銀杏返しかな?日本髪も美しい〜。

fc2blog_201408231004311e9.jpg
今回は、とっても珍しい男芸者さん「幇間さん」もいらっしゃいました。
テレビで見たことがあったのだけれど、本物の方は初めて!

芸事はさることながら、その所作、言葉遣い、気配りの細やかさ・・・
それは現代女性のそれを遥かに超える、洗練されたものでした。

日頃から研鑽を積まれている方って凄いですね。m(._.)m
頭が下がり過ぎて、地中に埋まりそうです・・・orz

fc2blog_2014082309070806e.jpg
さて、この素敵な座が設けられたこの場所は、岐阜県は長良川のほとり。
鵜飼の篝火をしっぽりと眺めつつも・・・

fc2blog_20140823090612116.jpg
やっぱり鮎を喰らふ。美味しい!久し振り!何年振りだろう・・・!

fc2blog_20140823091805665.jpg
そして時々スマホを持ったユーレイが見れます。

fc2blog_20140823091334ee0.jpg
最後はお二人で舞を披露。なんて贅沢なの〜。

お天気に関して一抹の不安を拭いきれない、そんな怪しい空模様でしたが、
何とか保ってくれて本当に良かった。

とても素敵な時間を過ごすことが出来ました。
また来年も行きたいな〜。



「カゴメトヴィオロン イベント主催させて頂きます!」

その名は“ジャポニカ・シャンソン倶楽部”

ヴァイオリン使いのシャンソニエールである私・カゴメが、
ヴィンテージに囲まれた空間で、皆様をアンダーグラウンドの世界へとお連れします。

詳細はコチラ→



この記事に対するコメント


お!金子先生の髑髏浴衣や!
めっちゃお似合いです♪
【2014/09/01 15:34】 URL | てん #- [ 編集]

Re: タイトルなし
>>♪てんさん。

有難う御座います(>_<)
てんさんにそのように言って頂けると、嬉しくてデレデレしちゃいます〜(⚫︎´Д` ⚫︎)

とっても大切にしているのですが、
過保護な為に、眺めるだけで夏が終わってしまうことが多いのと、

母が怖がるので、なかなか大手を振って着られないのが悩みです(−_−;)

【2014/09/01 23:43】 URL | 篭目画伯。(kagome-gahaku) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/534-0216780b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。