シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りなく雪に近い雨の中で、コーデ。

fc2blog_20141206172037d29.jpg
着付けている間に何とナント軽く吹雪いて来た、、けれど気にしない。
ゼブラウッドで景気良く参りませう〜、だってラグジュアリーな化繊だもの!

雨の日風の日は着物が着れない・・・そんな時代は終わったのだ。
諸君!化繊の夜明けぜよ。

それにしても、このお着物大好きです。
素晴らしきアンティークを復刻して下さったCHOKOさんに、心から感謝(^人^)

fc2blog_201412061722150dd.jpg
半衿・ロウケツ染め孔雀、帯揚げ・ネコ、帯締め・RingRing。

お着物自身にとても動きとエネルギーがあるので、
小物類も色使いでエネルギッシュに。

fc2blog_20141206172306e60.jpg
帯結びはシンプル可愛い文庫◎
武家の奥様みたいに、羽根をククッと立てるのが好きです。

fc2blog_20141206172404d87.jpg
足元はオックスフォードシューズでマニッシュにまとめてみた。

fc2blog_20141206172525c71.jpg
ルーズなカーディガンで防寒らしくない防寒も忘れずに。
ジェーンのハートバッグは挿し色にピッタリです。

そうそう、蛇足になりますが、
最近、裾除けに踊り用のものを使っています。

踊り用の裾除けというのは、
舞踊の足さばきの際に、ニョキっと素足が見えてしまわないよう、

普通の裾除けの真ん中辺り?に渡しの布が付いていて、
一部スカートのようになっているものなのですが、

これ、スゴく良いです〜。

足元がもたつかなくて、裾さばきが爽快。
加えて、渡し布のお陰で、全力で走っても裾が割れない!

因みに裾除けとは、関東では別名「蹴出し」と呼ばれたりしますが、
そもそ何故も「蹴出し」なのかというと、

きっぷの良い江戸っ子が、勢い良く裾を蹴り出すように歩く様子から、
蹴り出すもの→蹴出し、そう呼ばれるようになったそうで、

その由来を知れば知るほど、

私にとっての裾除けは、「裾除け」よりも「蹴出し」タイプの方が嬉しい・・・
なんて思い始めてみたりして、

そんな中、興味本位で使ってみた今回の「踊り用裾除け」、
これは正に私の中での蹴出しのイメージ!蹴っても素足がニョキっと出ない!!

素足が見えるか見えないか、
これは本人に限った問題かと思われるかもしれないけれど、

私としては和服の場合、浴衣の時以外で素足が覗くのは反対ー。
だって、やっぱり、艶かしいもの、、洋服以上にね。

それに、足袋と素足の境目が見えるのは・・・
大きな声では言えないけれど、ちょっと、、おマヌケ(//∇//)キャー

さて、そんなこんな踊り用裾除け、
気になる方は是非お試し下さい〜。

蹴り出し爽快ですよー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。