シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

ボーダー着ると・・・

fc2blog_201509132217224b7.jpg
まるで囚人服!

悲しい位にボーダーを着こなせないカゴメです。
大人しく縦縞に徹すれば良いものの、横縞には横縞にしかない可愛さがある!

と今回も押し切ってみたものの、感想は毎度同じ。
「つくづく・・・似合わない(;´Д`A」

この場合、ボーダーもそうなのですが、
そもそも、ざっくりとした生地がこれまた着こなせないのですよね。

紬・ウール・銘仙・麻・・・この辺りは不得手です。

生地特有のナチュラル感というかマットな感じが、
見ている分にはとっても可愛いのに、

私が着ると、全速力で「もっさく」なるのは何故かしら?

結果は分かっているのに、
それでも、ワンシーズンに一回は自ら進んで地雷を踏みに行く私。

ですが、毎度のこととなれば学習するもので、

今回は、帯にツヤのあるマゼンダカラーをちょいすして引き締め効果を狙い、
カジュアル感&ざっくり感を抑えようと努めました。(生地の良さを潰す暴挙)

fc2blog_2015091322185282e.jpg
帯はこけし柄なんだな♡
帯揚げと半襟は豆千代さん。

fc2blog_20150913222119437.jpg
コケッシー!

このやうな出で立ちで、午前から昼過ぎまではデスクワーク、
午後からはお着物のフリマを覗きに行って来ましたよ◎

思ったよりも、アイテムが充実していて驚きました。
気になったお着物があったのだけれど、ちょっとサイズが合わず断念。

お腹が空いていたので、会場のカフェでチーズケーキを食べて帰りました。

でも、着れなくなったものをお譲りする機会があるって良いですよね。
私も次回開催の際には出店したいなあ〜◎





「参加申し込み受付中」



今年も開催致します。

わたくしカゴメ主催・魅惑のアングライベント、
その名も・・・

<strong>「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(LIVE & PARTY)</strong>


fc2blog_2015081408525297e.jpg


・日程: 11/8(日)
 open/start=19:30/20:00(22:00終演予定)

・会場:CaballeroClub(Jazz&bar)
******** 名古屋市東区東桜2-15-28 小島ビル1F奥

・ドレスコード:着物orクラシカルなファッション
******************* 洋装の男性はネクタイ推奨.

・チャージ:¥5000.(イベント時間内は、フリードリンク&フード)

ご参加をご希望される方はお手数ですが、

・お名前
・お電話番号
・ご参加人数

を明記の上、

“kagomeniviolon◉live.jp”(あとりえカゴメトヴィオロン.◉=@

までお申し込み下さい。
折り返し、受付完了メールをお送りさせて頂きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR