シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

好きなもの。

申告終わった。
試験も終わった!

ホッとひといき。
久々に膝上丈で浮かれてみても良いかなと浮かれてみる。

20160219105830707.jpg
だだん!

何でせうこの緊張感・・・。
膝上ってこんなにも、スリルに満ちたものだったかどうか?

久々の「久々」が過ぎて、不覚にも戸惑ってしまった(。-_-。)
やっぱり、普段からミニも穿いておかないといけないな。

ここのところ、ずっと膝下丈生活だったモノネ。
足下が緊張感を忘れている。良くないモノネ!

と、それはそれとして、

着てみて思ふ。
やっぱりviviラインは綺麗です・・・。

アシンメトリーなカッティングライン、絶妙なパネルの切り替え。

私の足は残念な仕上がりなのでアレですが、
女性の足がお上品に美しく見えるように作られていると思います。

アヴァンギャルドなデザインでも、決して「はしたなく」なることなく、
個性的で気高いイメージをプラスしてくれる。

昔、私にvivienneのことを教えてくれた友人に、
初めて、お洋服のコレクションの写真を見せてもらった時、

今書いたことと同じ、
「ラインとカッティングの美しさ」に震えて、鳥肌を立てた思い出は、

今でも大切な瞬間として、鮮烈に焼き付いています。



とはいえ、

元々はインポートのメゾンですので、
私がviviを教えて貰った当時はロンドンコレクションのみの展開で、

日本にもそれらが入って来ていたものの、
ことお洋服に関しては、私のようなチビ人間には作りが大きく、

モデルさんやディスプレイ用ボディちゃんのような仕上がりにならず、
毎度毎度、臍を噛む思ひばかりを募らせておりましたが、

10年前位かな?
日本のライセンスラインが展開され始めて、

当初、
「インポートの流れとは全く違う要素のものばかりになったらどうしよう。。」

と、勝手に要らぬ心配をしていたりもしたのですが、
流石の日本製です。

個性そのままに、日本人の体型にフィットするように寄せてくれているので、
私みたいな純日本人体型の持ち主には嬉しい限りです。

インポートとライセンスを織り交ぜて、
無理なく自分に合ったコーデを出来るようになったのは本当に嬉しい!



今書いていた中で何度も、ラインラインと連呼しておりましたが笑、

私は、「ふんわり」とか「ほんわか」としたものよりも、
輪郭やエッジがくっきりしたものが大好きです。

それは着物の好みにも大いに出ている気がしていて。

20160219110042220.jpg
特に帯結び。シャープで凛々しい文庫系は大好物。
反して、清楚で女性らしいお太鼓系は、あまり得意ではありません。

でもね、お太鼓系はやっぱり基本ですからね。
好みじゃないとかそういうことで、お座なりにするわけには行かぬわけで、

只今、お太鼓強化月間。
美しいピシャっとしたお太鼓作るべく、色々研究中。

また経過はご報告致す。



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR