シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなまつりをひなまつりらしくひなまつりとして過ごした。

20160305131319007.jpg
餃子の美味しい季節が終わろうとしていますね。

(とか言いつつ、寒くても暑くても餃子は美味しいわけなので、こんな挨拶はおかしい。
のは分かっているが、言ってみたい天邪鬼な今日この頃。)

そうです、もう季節は春。

年が明け、「新春」という言葉をちらほら耳にするようになるものの、
まだまだ寒い日が続いていましたからね、

なんのかんのと言えども、気分はまだまだ冬支度を解けなかったというのが、
正直なオハナシ。

ならば、「春が来る予感」というものが生まれるのは一体いつ頃?

新生活のスタートとされる4月・・・
新緑眩しい5月・・・

否、否、

私はやっぱり3月だと思うのです。

4月を過ぎてしまうと、どうしても社会的なものの変わり目の忙しなさと重なって、
季節をじっくり感じるゆとりを、忘れがちになるもの。

けれど、そのゆとりを持つ心の柔軟さがまだ残っていて、
尚且つ、そこに刺さる「春らしい何か」の片鱗が生まれる月、

それが、さんがつ!

1月じゃ、頭では分かっているけれど、正直まだまだ足りない。
2月はやっぱりちと寒い。

けれど、3月は何かしら違う。

新年度に向けて最後の充電をする、このちょっぴり気怠くて甘ったるい時間が、
私にとっては一番の「春らしい」春です。



そう考えてみると、今の暦ってなかなか上手く出来てるのかな?

新年明けて最初に出くわす(←)春らしいイベントと言えば「桃の節句」ですが、
旧暦だと、4月のアタマ辺りのものなのですよね。

でも、4月に雛祭りを祝う余裕・・・現代人にはあまりない気がする。

親御さんもさる事ながら、主役の小さい子も、今はその時期色々忙しいですしね。
クラス替えだとか、そこに纏わる人間関係とか進学のこととか(苦笑)

だから、雛祭りは3/3で良かったのかも。
ね!女の子!

20160305125459258.jpg
と言うわけで、前置きが有り得ないくらい長くダラダラしてしまったのですが、
一応女子なものですからね、桃の節句コーデを今年は致しましたのよ。

一年に一度は絶対に袖を通したいと思っている、
手持ちの中で最もラブリー路線なアンティーク着物inピンク!

これはほーーーーんとに可愛いのですよおぉぉぉぉ!!

何年か前に、京都のややさんで見つけたもの。
なので私の中では、通称「ややピンクキモノ」と呼ばせて頂いておりますん。

身丈が短いことを理由に売れ残っていたのですが、
私には充分でしたので。チビ一家の一員であることに感謝。。。

20160305115933131.jpg
着物だからこそ着られる、大面積ピンク。
けれども甘くなり過ぎは個人的に御法度ということで、帯はホラーっぽく(笑)

20160305120015133.jpg
帯締めは、Berry工房さんの合皮×スワロシリーズ。
前回のめるかーとで捕獲!ハードで大人な雰囲気が堪らないのです。

と、このやうなイデタチで、

20160305120356241.jpg
多方面で活躍される東海の作家さんが一堂に会す、豪華なイベントへ!
ドレスコードはピンクでしたので、ピンクな方がいっぱい♡

お友達の作家さんにもお会い出来て嬉しかった〜◎

20160305130211795.jpg
リキさんもいらした!
毛先に赤のメッシュを入れてみえてスゴく素敵&羨ましい!

その名も「ヴァンパイア・レッド」ですって!
青みのあるゴシックな赤。いいなー(>_<)

20160305130808319.jpg
後ろ姿もご一緒に♡
私は半幅で立て矢を作りました。

まだまだ、香保せんせいにもたけにゃんさんにもはにぃさんにもしずさんにも、
主催のゆぃまあるさん始め、たーっくさんの大好きな方々にお会いしたのに、

恐怖・写真がない!

考えてみれば喋ってばっかりいたからな・・・
次の日、喉がガラガラしていただけある{(-_-)}

フラワーアレンジメントのライヴや、
ヘアアレンジのプチデモンストレーションもあって、楽し過ぎた...orz

そんなわけなので、どなたかお持ちでしたらgazou下さい。。



20160305121146326.jpg
喋っていても欲しいものはしっかり捕獲!狩りに油断はキンモツなのです。
Happy-blessさんのデニム×ゼブラ帯と、KayoTomieさんのモードなガラス帯留め!

両方とも宝物◎



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。