シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぅふぅろく。

昨日は毎度お世話になっております、メルローズさんにてライヴで御座いましたの。
2月26日の出来事であります。別名、「ふぅふぅろく」。

カゴメトヴィオロンの演奏にお付き合い下さいました皆様、
そして素敵な対バンの皆様、本当に有難う御座いました・・・♪

melrose 0226
cailliちゃんと♪♪(顔出しの許可をもらうのを忘れちゃった。。)

cailliちゃんは普段、ピアノ弾き語りで活動されているのですが、
昨日はサポートに、鍵盤の錬金術師と呼ばれるmanoさんをピアニストに迎え

リサイタル?形式でした。
素敵でしたよー!

またmanoさんのピアノが、cailliちゃんの曲の世界観を増幅するように添えられて、
お誂えのようでした・・・感動・・・。

昨日はそんなピアノ引き語り素敵女子・cailliちゃん主催のイベントといふことで、
ご出演された皆様、cailliちゃんのお知り合いということになるのでせうが、

どの方も演奏やステージ進行に、それはもう熟練の匠の技が溢れておりまして、
ワタクシ、始終眩しくてクラクラしておりました・・・!!

dus-kluさんの重い問いかけに、暫し自分を無に帰し、
近藤ひろしさんのステージに圧倒され。

そうそう、私が入りを果たした時が丁度、近藤さんのリハ中だったのですが、
メルローズのドアを開けてリハ中のステージを見て一瞬・・・

太一くんの再来かと思いました。
何となく立ち姿が似ていたもので、あともの凄くギターが上手いところも・・・。

そして近藤さんの曲に「セドリック」というタイトルのものがあるのですが、
そのタイトルを聞いて、完全にハリー・×ッターの登場人物しか思い浮かばなかった私は、

いよいよ脳ミソが溶けてると思ひました。
(正解は車の名前だそうです。)

そんな素敵な幕開けを果たしたイベント。

何よりかにより、イベント中始終充満している、
「音楽が好きだ!」という、ある意味に於いての暑苦しい空気・・・・

これをご馳走と言わずして何とせう。
ご馳走様で御座います。かしましかしまし。

そうそう、ご一緒したギター引き語りをされる志乃さんのこと。

ワタクシ、常日頃より「すんごいカッコイイ女性シンガーさんがいる」といふことで、
志乃さんのお名前をよく耳にしておりまして、

ああ運命の初対面・・・生志乃さんだあどうしまショ、
とドギマギしていたのですが、

志乃さんのステージが始まった途端、
「むむ、この曲知ってる・・・??」というまさかの感覚。

そして最後の曲を聴いて確信す。
「む、やっぱり絶対に知ってる。」

といふことでお話をしてみたら、
以前ZooStationでご一緒したことがあるのではないかという事実が発覚、ハカーク!

私が思うに、
ラジオ放送(2ヶ月間限定での、幻のカゴメのラジオ出演があったのです。)と合わせて毎週出演していた、

“空が落ちる日”といふ名のイベントで、ご一緒したのじゃないかと思います。

その時聴いた「サリンジャー」という曲が、私はとっても好きで、
もしかして、その曲を歌っていらっしゃる方ではないかとお尋ねしたらば、

やっぱりドンピシャリでした・・・♪

そんなこんな色んな出会いあり、また黒柳徹子に似ているという疑惑の栄誉を賜わったりと、
素敵な一日を記念致しまして、恒例のセトリ公開行きます。

1.裸足のヴァイオリにすと
2.アンヴィヴァレンスな薄紅色のためのシンフォニー
3.スプウン一杯で
4.エルナ
5.終止符はマチネー

エルナを人前でご披露したのは、もう何年ぶりのことでせう・・・。
最後はファーム?ファームかも。

因みに、ギター弾き語りのじゅんこちゃんが、
あの綿菓子みたいな調子で、やんわりと誉めてくれた曲です。



そして次なるライヴで御座いますが、
早くも今週金曜日となっております!

次回はトリに出演します。
お時間に余裕が御座いましたら、是非ともお越し下さいませ・・・♪

♪3月2日(金)
at:錦ライヴバー・メルローズ

「Melrose collections(仮)」
開場:19:30/開演:20:00
チャージ:1500円(1ドリンク付)

出演:カゴメトヴィオロン、Akila、rubia、永井隆宏、かろん

・・・ああ、ぷっちょが食べたひ。



この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://irohanikagome.blog.fc2.com/tb.php/83-3a8d32ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

ヴァイオリン使いの純国産・オリジナルシャンソニエール。

他には無い、メイドインジャパンのシャンソン道を切り拓くべく、
日々、孤軍奮闘中。

作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、
オリジナルシャンソンを世に放つ独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。

カゴメのもう一つの顔、「篭目画伯 」ほか、
着付け教室「Kagome堂.」の動向も気になるところ。

Instagram ID : kagome_da_monne

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。