シャペロンルージュのいろは飴。

「人生はサァカス!」キモノとヴァイオリンを愛するシャンソニエの喜怒哀楽記。

二月、滑り込むことの近況。

20170228142059428.jpg
ラヴジャケ着てあんみつを喰らふ、或る日の日常。



さて、最近のハナシ。

20170228142236171.jpg
こんなとか、

20170228143525302.jpg
こんなであるとか、

20170228142340306.jpg
果ては謎のボタン集団まで。

手持ちのインテリア始め、洋服から着物に至るまで、
何や彼やと「ぷち」リメイクすることに執心中。

.20170228142412215.jpg
因みに、ボタンの集合体の行く末はココ。

シンプルで潔い。けれどそのシンプルさのあまり、
私には少し難易度が高くなってしまったスーツ生地着物に、色味を足す作戦。

(通称:ガチャ作戦)

20170228142701998.jpg
全貌。赤いオーバーサイズニットで、休日のパパン感が充満中。

しかし当初は、メンズライクに

「スーツ三つ揃いコーデ」

をテーマに掲げていたわけで、
そこに「休日のパパン」ということなれば、

何故に休日に三つ揃いを?

という問いが自ずと生まれて来るわけで、
全く!背筋を伸ばしたいんだか肩の力を抜きたいんだか?

どっちつかずなコーデと相成りましたとさ。
めでたくないめでたくない。

・・・ 。

まあでも、
パパンだろうが三つ揃い云々だろうが「マニッシュ」要素は取り残される状況。

20170228142915353.jpg
そんなこんなで、後ろ姿もメンズライクに統一。
男性が角帯でよくやっている結び方ですね。凛々しくて好きです。


最近の着姿まとめ。

ご無沙汰です。
最近、仕事のリズムが変わったもので、ゆっくりとPCを触る時間が持てません。

何とかしたいのだけれども徒らに時は過ぎて行くー。
目先は、週一ペースでの更新を心に誓っております。はい。

20170205162124770.jpg
時間が無いと言えば、アップルパイを焼きたいものの生地をじっくり仕込む時間がない。
そんなわけで、時短でアップルパイ風デザートピザをこさえたところ、

これがまた美味しいので、きっとこの先たーっぷりと時間を頂けたとしても、
この時短レシピから逃れる自信の無い自分が居ります。

人間・・・ではなく、私が駄目人間なのだな。(笑)

20170205162516892.jpg
デニム着物装着!

20170205162609834.jpg
向かった先は、カキ小屋という趣向の冬のビアガーデンat屋上。
着行け教室ふぇりちたの香保先生が主催して下さいましたのん◎

かく言う私は牡蠣が大の苦手なので、
もう一つの趣向「名古屋めし食べ放題」メインでしたが。

興味の具合が、牡蠣<冬のビアガーデン という按配でして、
それを加味すればこの矛盾、たやすく乗り越えられるかと。

20170205162848987.jpg
前回のめるかーとでにゅうしゅした、放課後キモノ倶楽部さんの帯揚げ。
ドットとボーダーというバイカラーならぬバイモチーフ。堪りません。

20170205162647571.jpg
食べ飲みメイン&人混み中へ突入する際は、丈夫でボリューム控えめな結びに。
私は浪人ばさみと呼んでおりまして、着付けレッスンメニューでも取り入れております。

20170205162216490.jpg
デニムからのざっくりした着物繋がりで、ウール着物も便利で良いですね。

20170205162330260.jpg
前回ご紹介致しましたタイガーさんです。

20170205162414311.jpg
生地の複数使いがお洒落なのです。そして意外とモードにキマる!

20170205162938366.jpg
急遽お休みを頂けた日のコーデは、ついつい気持ちが外に現れる。
見るからに、浮かれてますでしょ?

正解。

20170205163034205.jpg
半襟と帯揚げは、前回のウールコーデと同じです。

出す量を変えてみたり、合わせるお着物が異なるだけで、
意外と使い回し同じものとは気づかれなかったりします。



寒い日々の特権。

20170120132540658.jpg
寒い日は嫌いではないのです。
が、それ以上に、ハイカロリーなものを罪悪感無く食べられるのが好き。

先日はクリームコロッケを揚げましたよ。

これに関してはカロリー云々もありますが、
クリームコロッケの場合、寒い季節じゃないと・・・

生地を纏めにくい→そして油の中で爆発 orz

という一連の嫌〜な流れを経験せねばならない場合もあるわけで、
やっぱり寒い日に作るが安全です。

20170120132652099.jpg
中身はエビ。最近、近くのスーパーでこんなエビシート的なものを発見。
尾を残し剥かれ、そして背わたの取られた海老が、冷凍されて平面的に。

どーなんだー??と思いつつ、使ってみたのですが、
プリップリで凄くオイシイ。

天ぷらとか、まるっと形を残して使うものには向いていないけれど、
ある程度切って調理するなら、これは良き買い物だな。また、買う。

20170120132736085.jpg
ビシバシ着物中。
実は既に、一個前の記事でお知らせした通り、マイ着付け教室を始めております。

これはその直前に、お勉強の為に着付けのお手伝いに行った際のコーデ。
よって、アクセサリーが皆無でしょ。珍しいでせう。

20170120133306000.jpg
でも、着物は楽しめる部分が多い衣服。
アクセサリーを控える分、帯結びは華やかにさせて頂きました。

武家文庫(武家の女性がするイメージの文庫なので、勝手にこう呼んでいます。)結び。
枕も入れて、根元をしっかり立ち上げ、本格的に。

横から見たときに、背中に対してほぼ直角にツンっと立つ所が、凛々しくて好き。
浴衣の文庫とは、一味もふた味も違います。

この日は、ろっこやさんの兵児帯で。
適度なハリとツヤがあるにも関わらず、羽根のように軽い所がウレシイ。

20170120133429966.jpg
これもお手伝いの日のもの。
シンプルに多色。私の得意な感じです。

20170120133450574.jpg
帯は実験的にだらり風。改善の余地アリです。

20170120133746971.jpg
ボリューミーな印象ですが実はペタンコ系。
大人に嬉しいキーワード。

20170120133837104.jpg
冬のアニマル柄は浮き足立ちますね。

20170120133959086.jpg
そして最近、キャワイイアニマル柄がお嫁にやって来ましたよ。
カモシカキモノ・うめはるさんのハートタイガー帯。

リッチに生地の三種使い。堪りませんよ〜。
ウールの着物に合わせるつもりです。

着付け教室に関してですが、本格的な始動は4月の予定です。
またひと月前頃になったら、詳細出しますー。


お正月の思ひ出。④ 〆

20170108130738520.jpg
2017年、ぷっくり太鼓回帰宣言!
やっぱりこっちが好き。

さて、ここからは思ひ出とは違いますが。
インスタでもご報告したことのご報告をば。

昨年秋、「顔見知りの方に習いたい」というご要望を頂き、
散々迷い散らしましたが、

今月より、「前結び&半幅特化(名古屋帯ナシ)」の着付け教室を始めることになりました。

今はプレオープン中と言いますか、
昨年ご要望下さった方々のみを対象に、約二カ月間のレッスンをさせて頂く予定です。

その後のことはまだ考えておらず、

私も仕事をしつつとなりますので、そう多くのレッスン曜日を確保出来ないのと、
名古屋帯を除くという条件ですので、どれだけの需要があるのか皆目不可解ではありますが、

細々と出来る範囲で始めて行きたいな、という思いもあり、
余裕があるようなら、今回のレッスンが終わった段階でまた発信致しますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

かしこ。



お正月の思ひ出。③

20170108125924786.jpg
さてさて、「やっとこさ初詣でをして来たよ☆」のお時間です。
新年のご挨拶に馳せ参ずるとあらば、やはり一番好き&背筋の伸びるスタイルで。

モダンさんのツーラインは、制服にしたい位愛しています。

20170108130439541.jpg
数字の半襟。実は7だけ赤いのです。

20170108130548239.jpg
好きな色、質感、そしてそこにメタリックカラーのガラス帯留め。堪らない。

20170108130621267.jpg
長くてお洒落なモノは良きモノなり。
「長さのたっぷりとした帯は、結ぶのが楽しくて仕方ありません」の意。

20170108130711458.jpg
大仏さん、相変わらず大きくあらせられる。

実は昨年末辺りまでは、「今年の初詣でにはあの着物を着よう!」という、
ちょっとしたコーデを妄想していたのですが、

どうも年明けを迎えてからは気分が違う。
そういうわけで、このツーライン着物コーデとなったわけなのですが、

結果的にそれで大当たり。

というのは、お寺さんに行く前に神宮に寄った際、
三が日明けているとはいえ、まだまだ大変な混みようで。

参拝前に手水で手を清めますが、その場所も多くの人でごった返しており、
いつもの比ではないような、大変なビショビショ状態。

やっとの思いで辿り着いて手を洗い、その場所を離れふと着物を見ると、
コートにも着物にもすさまじい泥ハネ!キャー!!

自分は気を付けていても、周りの方のお水が地面に当たり、
それが跳ね返って来ていたのですねえ。。(u_u)

いや、洗える着物で来ていて良かった。
当初は正絹で来るつもりでしたから。ホッ。。

泥ハネはショックでしたが、最小の被害で済んで何よりです。
ツイていたと言えば、ツイていたかな。



管理人

【KagoVio.】代表 カゴメ。

Author:【KagoVio.】代表 カゴメ。

「シャンソン・・・それは一編の短いドラマ。」をモットーに掲げる、

着物を愛する、ヴァイオリン使いのシャンソニエール。

ある時はviolinist、ある時は歌うたい、
そしてまたある時はストーリーテラー、

果ては作詞・作曲、プログラミングまでをこなし、

オリジナルシャンソンを世に放つ、
独りきりプロジェクト【KagoVio.】代表。

毎年11月に主催している新感覚の独壇場シャンソンショー
「ジャポニカ・シャンソン倶楽部」(JCC JPN)は、

必見の価値アリ。


「私ノ聲ヲ聞イテ。」

篭目画伯の名で、イラストも描いております。

好きなもの
・江戸川乱歩
・コナンドイル
・森見登美彦
・VivienneWestWood
・アリスアウアア
・船
・くらしかる
・オモチロきこと

嫌ひなもの
・意にそぐわぬもの

静かに流れる日常こそ、
めくるめくサァカスのごとし。

KagomeとViolinに翻弄される
極上の【KagoVio】な時間を・・・

嗚呼、さもあらん


Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

New Release!

20161119000216f41.jpg

KagoVio.渾身のmini aibum 「JAPONICA CHANSON.」リリース!
Amazon,TowerRecord始め、全国で販売中。

5曲入り ¥3024(Tax in)

お問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR